物販で一撃2万円の利益を出す方法【メルカリでカメラを売ろう】

副業で物販(せどり)に取り組みたいけれど、どんな商品を取り扱えばいいんだろう?

上記の疑問を持つ方にオススメの記事です!!

この記事を読めば、物販で2万円〜3万円の利益を生み出すことの出来る商品がわかります。

副業で月2万円ほどの副収入を得たいと思っている人であれば、今回紹介する内容のカメラを一回仕入れて販売をすれば達成です。

 

物販で一撃3万円の利益を出す方法

筆者は現在、物販で生計を立てて生活をしています。
主に取り扱っている商品は「カメラ」です。

カメラの中古相場(メルカリでいくらで売れるか)を調査し、その価格よりも安く商品を仕入れて、それをすぐに使えるセット内容に組み替えたり、魅力的な商品写真を撮影し購買欲を後押ししたりして、相場価格で販売し利益を得ています。

今回の記事では一回の仕入れで3万円の利益を見込める取引例をご紹介します。
「見込み」と書きましたが、ほぼ確実です。
何故なら、僕が過去に売ったことがあるという事実があるからです。

重要
仕入れと販売の実績も公開して解説するので、信頼性も担保できている内容です。
これから副業で物販に取り組みたいと思っている方は是非参考にしてみてください。

OLYMPUS PEN E-PL7 ホワイト ダブルズームキットを仕入れましょう

画像1

27,000円で仕入れた「OLYMPUS PEN E-PL7」です

上記画像の右下に「取引画面へ」と緑色の表示が出ています。
これが僕が実際に仕入れたという証拠になります。

他の人が購入したものであればここが「売り切れました」と表示されます。

 

カメラのカラーはホワイトがオススメ

フリマアプリでカメラを売る際は、カラーが「ホワイト」か「レッド」の商品を取扱う事をオススメします。
フリマアプリでミラーレス一眼レフカメラを買う人の殆どが女性です。

見た目が可愛く、女性の服装にも合うカメラが好まれます。

シルバーやブラックは統計的に売れにくく、自身も1年以上在庫してしまっているものもあるので、資金的にも余裕が無い間は取り扱わない様にした方がいいです。

では、販売実績も公開しつつ利益の上げ方をご説明していきます。

付属品を確認

□付属品□
・カメラボディ
・標準レンズ(EZレンズ)
・望遠レンズ
・充電器
・バッテリー
・純正ストラップ
・USBケーブル
・セットアップCD
・取扱説明書
・8GBのSDカード

欠品の無い、完璧なセット内容です。

標準レンズが最新のモデルです。

今回付属している標準レンズは
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 EZ
というモデルです。

画像3

最新のモデルにも標準付属されている、高級レンズ。

単品でも14,000円〜16,000円で売られています。⬇︎

画像2

画像4

 

特徴
◆大人気のパンケーキズームレンズ
◆ムービー撮影にも最適
◆世界最薄、22.5mmの超薄型
◆重さたったの93グラム

カメラに装着して電源を入れると、自動的にレンズが繰り出されます。

画像6

このレンズを付属してカメラを販売する場合は、相場よりも少し高めに販売しても大丈夫です。

レンズが2個付いています

今回はダブルズームキットなので、文字通りレンズが2個付いています。

画像7

本体に装着している先ほど説明した標準レンズと、左側にある銀色の長い望遠レンズが確認できます。

重要
カメラセットで販売する場合は、標準レンズのみを付属すればオッケーです。

長い望遠レンズは単品で販売しましょう。

カメラセットの販売(20,900円の利益が出ます)

カメラセットで販売する際は、「届いたらすぐに使える。」、「買い足さないといけない物が無い。」といった状態で売ることが大事です。
そのために記録メディアである「SDカード」を必ず付属するようにしましょう。これが無いとカメラで撮影した写真を保存ができません。

購入者の面倒や手間を省いてあげることで、購買意欲を後押しできます。

 

今回の仕入れでは8GBのSDカードが付いていたので問題ありませんが、無い場合は別途仕入れてください。
8GBであれば500円程で購入できます。

OLYMPUS PL7の販売価格

先ほど紹介したEZレンズを付属してのOLYMPUS PL7は、メルカリで54,000円で売れました。

画像8

54,000(売値) – 5,400(手数料) – 700(送料)

売上は47,900円になります。

※送料はメルカリの配送サービス、らくらくメルカリ便「宅急便」を利用。

47,900円の売上から、原価(仕入れ値)を差し引くと利益が算出できます。

47,900(売上) – 27,000(原価) = 20,900(利益)

利益は20,900円になります。

ここに望遠レンズの単品販売の利益を上乗せしていきます。

望遠レンズの販売(7,940円の利益が出ます。)

望遠レンズは新品同様の状態の良いものだったので、9,600円で販売し売れました。

画像9

9,600(売値) – 960(手数料) – 700(送料)

売上は7,940円になります。

カメラセットの販売利益の20,900円と合計すると、総利益は28,840円になります。

 

まとめ : 利益率は100%超え(飲食店の利益率は10〜20%)

今回は仕入れ原価の27,000円が、55,840円(利益28,840円)に増えて戻ってくる形です。

□利益率の計算□
28,840(利益) ÷ 27,000(原価) × 100 = 107%

利益率は100%を超えます。

繁盛している飲食店でも、利益率は20%あれば良いところです。
今回は仕入れ経費が倍になって返ってきました。

正しい相場を踏襲すれば、一度の取引で大きく稼げるので参考にしてください。

 

初心者は値段をもう少し安くしてください。

今回のカメラの販売価格については、初心者の方はもう少し下げたほうがいいかと思います。
この商品を販売した際の僕の「評価数(取引数)」は2,000を超えており信頼性の強いアカウントで販売した形です。

まだ取引を2〜3回しかやっておらず「評価数」が少ない人は、42,000円ほどで販売するのが妥当です。
それでも2万円近くの利益になるのでコスパはいいですよね。

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です