人の寿命は死ぬまでじゃなく、活動限界のことを指す【僕は寿命は残り30年】

しょーいちです!!
いつもブログを読んでくれている皆さん、ありがとう。

今回は「寿命」について、僕の思うことを伝えていこうと思います。

特に30代の人に読んでもらえたら嬉しいです。
記事を読み終えた時には、「行動しなきゃ。」と思ってもらえるはず。

是非最後までお付き合いくださいね。

人の寿命は死ぬまでじゃなく、活動限界のことを指す

人の寿命は死ぬ時に終わるとは思えません。
活動限界が来た時に終わるんです。

・もう人生を変えられないと思ってしまう。
・新しいことに興味を持てない。
・体が壊れる。

上記のどれか一つにでも該当した瞬間に、人は寿命が終わります。

僕はどうあがいても人生を変えられないと思ってしまう瞬間が怖いです。
新しいことに完全なる拒否反応を覚えてしまう瞬間が怖いです。
やりたい事が見つかっても体が壊れて動けなくなってしまう瞬間が怖いです。

 

ちょっと重いですかね。笑

でもこれらは、寿命が尽きる前に訪れる可能性が高いです。
そうなる前に、僕は出来るだけ人生を楽しみたいと思っています。

 

リミットは65歳

僕が考える寿命のリミットは65歳あたりです。
自分の両親を見ていても思いますが、この頃にはどうしても思考が固まってしまい、体の調子も悪くなります。

僕が考える「やるべき事」はこのリミットまでに成功体験をたくさん積む事だと思っています。

重要
自分のできる事を増やしながら、結果も出していく。
そうする事で凝り固まる思考を少し回避できる

体が壊れてしまう前に、色んな事に挑戦していこうと思います。

そうすれば、65歳を過ぎても面白い人生が待っていそうです。

ダラダラと生きてしまった末に物わかり良く年老いてしまったなら、つまらない余生が待っているに違いないです。

 

僕らはいつまでも生きられると思っている。

80歳くらいまでは生きられる。と思って生きてませんか?
しかし、80歳まで元気でいられる保証はないです。

僕は毎日、カメラ転売で稼ぎながらブログを1記事執筆し、YouTubeで弾き語り動画をアップした後、ウォーキングしながらボイスブログの投稿を行いつつ生きています。

自分が決めたやるべき事をひたすらに継続しています。
毎日を無駄にしないように生きています。

歳を重ねるごとに、こなせるタスクは絶対に少なくなっていく。

いつかやろう。」と思っていたら、いつの間にか何もできなくなっていますよ。

僕は現在34歳ですが20代の時にこのことに気づけていたらと、後悔しています。
40歳になった時に、「30代でもっと頑張ればよかった。」と思わないように行動していきます。

重要
あなたは「いつまで生きるつもり」で今日を過ごしましたか?




やりたい事を明確にしておく

僕は「やりたい事」を明確にしてあります。
小さい事から大きな事まで様々。

  • 雇われずに生きていく(せどりに取り組み達成済み)
  • ブログで稼ぐ
  • JEEPを買う
  • Gretsch WHITE FALCONを買う
  • YouTubeでミュージシャンとして稼ぐ
  • 嫁を沖縄旅行にたくさん連れていく
  • 子供のやりたい事を金銭的な面で不自由なく支援
今から死ぬ気で頑張らないと達成できそうもないです。笑

だけど無謀ではないと感じています。
一回きりの人生、せっかくなんで達成感を味わいにいきます。

早い目に達成できたら、死ぬまでの間は余韻に浸れそうですよね。
達成したとしても、すぐに死んじゃったら余韻に浸れずもったいない。笑

クズだった過去があるから頑張れる

20代後半の僕は思考停止のクズでした。

ミュージシャンになりたくて飛び込んだ東京。
後悔したくないって飛び出した故郷。
がむしゃらに無我夢中ですり切れながら泣いて笑った。

最初のうちは良かった。
でも次第に慣れて、自堕落な日々。

連日バイト、たまの休みにはパチンコ、立ち飲み、ビデオボックス。
かなりの時間を無駄にしまっくってきました。

14年間の東京暮らしを終えて、田舎に戻った僕の手元に残ったものは本当にお粗末な代物でした。

月5万ほど稼げるせどり(カメラ転売)のスキルと、人よりちょっと長けた歌とギターの演奏スキル。

毎日を大事に過ごさないと、またこれの繰り返しになってしまうと考えを改めました。

あなたの手元にあるものは何ですか?
何も無いなら作ればいい。

このブログではせどり(カメラ転売)についての記事も多く執筆しています。
是非参考にしてください。

まとめ : いつか死ぬってことを意識する

僕はサボりそうな時、「いつか死ぬ。」を意識します。
全然リアルじゃ無いけど、想うようにしています。

しかもそれはこの世から旅立つ日ではなく、思考や体の問題での行動力を失った日のことを指します。
なので案外近い未来を指します。

僕は20代後半でダラダラしたんで、もう十分。
これからは必死に喰らいついて生きてみようと思います。

分かりきった未来を迎えるより、何が起こるか分からないようなワクワクする未来を望んで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です