ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

筆者

今回はフリマアプリ「ラクマ」でせどりをする場合の、商品が売れやすくなるコツを解説します。

当ブログでは主にメルカリを使ったせどり(カメラ転売)手法についてをお伝えしているのですが、今回は楽天の運営するフリマアプリ「ラクマ」での取引に関しての記事になります。

商品が売れやすくなるので必読です!!

 

メルカリで商品を売ることに慣れたら、是非「ラクマ」も利用しましょう。

せどりをする場合は、販路を1つに固定せず取り組むのがオススメです。

理由は以下。⬇︎

  • 商品の売れる確率が高まる。
  • 片方の販路で問題が起きた時のリスクヘッジになる。
  • 販売手数料が違うので値段に差をつけられる。

今回は3つ目の「販売手数料の違い」に着目した、ラクマの有効活用法を伝授します。

 

実はせどり同業者の方もあまり意識していない活用法になるので、効果は抜群です。

知らなきゃ損。

メルカリを使っていることが前提です。

今の時代、せどりで稼ぐ上でメルカリを使うのは必須です。

今回の活用法は、メルカリを中心にせどりを行っている場合に適用されます。

 

筆者

僕は取引の9割をメルカリで行い、月30万円ほどを稼いでいます。

せどり歴は5年目に突入!!

ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

評価数(取引数)は2300を超え、割とトップセラーです。

 

ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

ラクマでの評価数も500ほどです。

 

利益の90%はメルカリ、10%はラクマでの売り上げから生まれています。

ラクマを使っているからこそ、商品の回転率も上がり利益も増えているので、メルカリと合わせて利用するようにしましょう。

 

今回の記事は以下のテーマでお送りします。

  • ラクマを使って商品を売るコツ
  • メルカリとラクマで同時出品する時の注意

この記事の内容を利用して、さらに商品を売りやすくしてください!!

 

ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

ラクマは楽天が運営するフリマアプリです。

もともと楽天ショッピングを利用していた人達がそのまま流れている傾向もあり、ネットショッピングに抵抗の無い、良質な購入者が多い印象です。

 

メルカリでの取引に慣れたら必ず利用しましょう。

メルカリとの違いは販売手数料

メルカリとラクマの大きな違いは「販売手数料」です。

  • メルカリ→10%
  • ラクマ→3.5%+税

ラクマの方が大幅に販売手数料が少ないです。

ここを利用して、商品を売れやすくしていきます。

ラクマで出品する際はメルカリよりも価格を下げよう

商品を売れやすくする(回転率を上げる)コツの結論は以下。

メルカリとラクマで商品を同時出品。ラクマでの販売価格を安くしましょう。

 

販売手数料に違いがあるので、ラクマで安くしたとしても売上金額は同じにすることができます。

  • メルカリで10,000円出品→販売手数料は10%なので売上は9,000円
  • ラクマで9,360円出品→手数料は3.5%+税なので売上は9,000円

ラクマで640円の値下げをしたとしても、売上は同じになります。

こうすることによって、商品の売れやすさが上がります。

 

あなた

手数料が安い分、同じ価格で売った方がお得じゃない?もったいなくない?
いや。目先の小さな利益を求めるよりも、売れやすさを上げる方が大事。

せどりで最も大事なことは、仕入れた商品をなるべく早く売りさばき資金を回すことです。

 

重要
目先の利益、お得感にとらわれずラクマではメルカリよりも販売価格を下げて出品しましょう。

販売価格を下げることで発生する購入者動線

ラクマでの販売価格を下げることで、購入者に以下の動き方(動線)が生まれます。

 

①メルカリを使っている人はラクマも利用していることが多いです。

こういった方はまずメルカリで商品を探します。

購入者

欲しかったゲーム機。メルカリにあるかなぁ。

 

②メルカリで自分の商品を見つけます。

ここで購入者は「安くならないかなぁ。」と考えます。

購入者

あった。あった。もう少し安くならないかなぁ。

 

③値下げ交渉が来ても断ってオッケー。

僕の場合は売上を下げたくないので値段交渉はほぼ受け付けません。

購入者

値下げ交渉してみよ。
値下げは考えてないんです(><)ご希望に添えずすみません!!

 

④値段を下げて欲しい人はここで去ります。

購入者

そっか。じゃあもう少し検討しよ。バイバーイ。

これでいいんです。

 

⑤その人はラクマでも商品を探します。

ラクマでも同じタイトルと説明文で出品してあるので、自身の商品に再びたどり着いてくれる確率は高いです。

購入者

一応ラクマも見とくか。あっ!!同じ商品がある!!

 

⑥ここで販売価格を下げておくことによってお得感が出ます。

価格に差をつけておくことによって、お客さんの購買意欲を後押しできます。

購入者

こっちの方が安いじゃん。買っとこー。
ご購入ありがとうございます!!

 

高額な商品になるほど、価格に差を付けやすくなるのでさらに効果的です。

 

ラクマは販売手数料が低い分、メルカリと同じ値段にして少しでも利益を多く取ろうとする人が多いです。

そういった人たちとの差別化を図ることで、自分の商品を選んでくれるお客さんが増えてくれますよ。

 

手数料の計算が出来なくても大丈夫。

補足すると、手数料のパーセンテージの計算ができなくても問題ないですよ。

何割引とか何%オフとかよく分からない人もいるだろうし、計算するの面倒ですよね。

売上金額は出品画面で確認できます。

メルカリとラクマ共に販売金額を打ち込むと、同時に売上金額も算出されます。

ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

メルカリの出品画面。手数料は10%です。

 

ラクマでせどりをするなら購入者動線を意識しよう【商品を売るコツ】

ラクマの出品画面。手数料は3.5%+税です。

 

メルカリ&ラクマで同時出品する際の注意点

メルカリ&ラクマで同時出品する際の注意点

メルカリとラクマで同時出品する際に注意しないといけないのは、同時に商品が売れてしまった時の対応です。

 

例えばラクマで商品が売れたら、メルカリの出品をすぐに削除しておく必要があります。

万が一、同一商品が2つのアプリで同時に買われてしまった場合は以下の方法で対応してください。

①: 断りを入れてキャンセルさせてもらう。

取引メッセージにて、キャンセルして欲しい旨を伝えてください。

こちらの商品、品切れだったことをすっかり忘れてしまっていました。申し訳ないのですが、キャンセルという形にさせてください。

相手からの同意をもらえたら、ラクマの場合は運営に「お問い合わせ」からキャンセル手続きのお願いをしましょう。

 

メルカリの場合は取引画面の下部に「取引をキャンセルする」のボタンがあるので、それを選択してキャンセルをしてください。

 

注意
自分都合のキャンセルを乱発してしまうと、利用制限などのペナルティを食らってしまう可能性があります。

僕の場合はカメラ転売に専業で取り組んでいるので、商品が売れた際は速攻で同時出品していた商品を削除できます。

それが難しい人はもう一つの対応をしてください。

②: 「購入申請機能」を使う

ラクマには「購入申請」という機能があります。

購入申請とは
購入者が出品者(自分)に対して、購入したいという意思を示す機能です。

出品者が購入申請に承諾を出すことで、初めて購入者が商品を購入できるようになります。

メルカリ&ラクマで同時出品する際の注意点

赤枠の「更新申請」をタップして、「あり」に設定してください。

この機能を設定しておけば同じ商品を同時に購入されても、ラクマの方の販売承認をしなければ良いだけの話なのでリスクはありません。

ラクマのページを削除して、メルカリで取引を進めましょう。

 

「購入申請」機能を使うのが、一番安全です。
ただ、取引にワンクッション置く形になるので、若干売れやすさは減るイメージです。

 

僕は経験上、同時に同じ商品が売れた事は一度もありません。
何故かと考えるとラクマで購入される方のほとんどが、一度メルカリを経由しているからだと推測できます。

ここに関してはすみません。
自己責任でお願いします!!

まとめ : ラクマでのせどりはメルカリとの差別化を図ろう

ラクマのみを使ってせどりをする方は恐らくほとんど居ないです。

メルカリとの併用で利用していることがほとんど。
これはお客さん側も同じと言えます。

 

重要
メルカリとラクマで商品を同時出品。ラクマでの販売価格を安くする。

上記の方法で、購入者の動線をうまく販売に繋げることができます。

是非参考にしてみてください。

関連記事

・副業するならカメラ転売がオススメな件

・カメラ転売の始め方

・電子書籍「カメラ転売で月3万円稼ぐ方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です