カメラ転売はたった一度の仕入れで14,000円を稼ぐことができる件【実際の取引を例に解説】

副業でカメラ転売を始めるたいけれど、実際にどんな感じで稼げるの?

上記の疑問にお答えします。

 

一回の仕入れで14,000円の利益を出すことも可能です。

これから副業でせどり(カメラ転売)を始めようと思っても、どういった形で利益を上げていくのかをイメージできないとなかなか行動に踏み出せないですよね。

本記事では僕が実際に購入(仕入れ)をしたカメラを紹介しつつ、どうやって14,000円の利益を上げるのかを具体的に解説していきます。
仕入れ実績も公開しているので信頼性抜群です。

同じように取り組めば、稼げます!!

 

カメラ転売はたった一度の仕入れで14,000円を稼ぐことができる件

バイトだと2日がかりで働かないと稼げないお金を、4時間ほどで稼いだ例です。

くれぐれも4時間後にお金が増えて手元に戻ってきたわけではありません。
物販なのでいつ売れるかは不確実です。

ただ過去に何度も売り買いをしているアイテムなので、どのくらいの期間で売れるのかの目星はついています。

今回紹介する商品は、出品(販売開始)した日〜半年以内には売れてくれます。
例えば仕入れた日から1ヶ月後に売れてくれれば、バイトの給料と同じことですよね。

・今日もよく働いて沢山稼いだー!! → でも実際に給料が振り込まれるのは約1ヶ月後。

 

・今日は1個カメラを仕入れられたー!! → 実際に売れて手元にお金が入ってくるのは出品した日〜半年後。

カメラ転売で「仕入れをする」というのは、バイトでの「労働」と同じことになります。

厳密に言うと、出品したり梱包や発送をする時間も含めないとですが、仕入れが出来れば稼いだも当然なのでシンプルにこの考え方で取り組むことをオススメします。

重要
「仕入れできた」 = 「稼いだ」

 

なので今回は、1日4時間スマホを覗いていたら14,000円を稼げた。
という話だということを理解しつつ読んでみてくださいね。

 OLYMPUS PEN E-PL5 ダブルズームキットを仕入れました

上記画像の右下が「取引画面へ」となっているのが、僕がこの商品を実際に購入したという証拠になります。

他人が購入したものを例に挙げているんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、それだとこの部分が「売り切れました」と表示されます。

 

 

仕入れ額は20,000円です。

 

□利益率□
14,000(利益) ÷ 20,000(原価) × 100 = 70%

利益率が70パーセントということは、1万円を投資した場合に、プラス7,000円がバックされるという事です。

 

この商品を買うために仕入れに費やした時間は4時間ほど。

iPhoneの場合は「スクリーンタイム」を確認することによって、その日にどのアプリをどれくらいの時間見ていたのかがわかります。
⬇︎

画像13

4時間というと膨大な時間に思うかもしれませんが、スマホで動画を見たりゲームしたりする生産性の無い時間を転売の仕入れに使ったまでです。

 

重要
生産性の無い時間を、生産性のある時間(仕入れをする時間)に切り替えれば現在仕事をしている人でもスキマ時間をトータルすると1日2時間は確保できるはずです。

これに関しては、繰り返しになりますが「スクリーンタイム」を確認してください。
1日合計2時間以上スマホを覗けている人はカメラ転売で稼げます。

 

付属品を確認

□付属品□
・カメラ本体
・標準ズームレンズ
・望遠ズームレンズ
・バッテリー
・充電器
・純正ストラップ
・USBケーブル
・AVケーブル
・フラッシュ
・フラッシュケース
・三脚
・Wi-Fi機能付き SDカード(16GB)
・セットアップCD
・取扱説明書
・元箱

この上ないセット内容です。

 

レンズが2本付属しています。

標準ズームレンズ

 

 

望遠ズームレンズ

短い標準ズームレンズ長い望遠ズームレンズが付いています。

望遠レンズは単品売りをして利益を上げるので、その他をカメラセットとして販売します。

Wi-Fi機能付き SDカードも付いている。

いつもなら3,000円程で別途仕入れているTOSHIBAの「flashair」というSDカードも付属していました。

このSDカードは撮った写真を記録するのはもちろん、専用アプリをスマホにダウンロードし、撮影した写真をスマホへ転送できる優れものです。

●届いたその日から使える。
●スマホへ写真をすぐ転送できる。

上記2つの付加価値を添える事ができるアイテムなので、カメラセットを販売する際は必ず付属するようにしましょう。

 

カメラセットを販売

僕はオリンパス PL5を29,800円で販売します。


29,800(売値) – 2,980(手数料) – 700(送料)

売上は26,120円になります。

※送料はらくらくメルカリ便「宅急便」を使用

 

仕入れ額は20,000円です。
これが原価なので、売上の26,120円を差し引くと利益が算出できます。

26,120(売上) – 20,000(原価) = 6,120(利益)

この時点で6,120円の利益です。

ここに、望遠ズームレンズの単品販売で利益を上乗せします。

 

望遠ズームレンズの販売

望遠ズームレンズは9,400円で販売します。

9,400(売値) – 940(手数料) – 445(送料)

利益は8,015円になります。

※送料はらくらくメルカリ便「宅急便コンパクト」を利用。

先ほどのカメラセットを販売して発生する利益と合わせれば、合計で14,135円の総利益になります。

 

まとめ

オリンパス PL5は非常に中古市場に出回りやすい商品です。

29,800円(手数料、送料を引くことで手元に返ってくる金額は26,800円)でカメラセットが売れる事を認識した上で、それ以下の値段での仕入れを行いましょう。

商品の相場をしっかり認識して仕入れが出来れば、稼いだも当然です。
ぜひ参考にしてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です