【せどり】カメラ転売で稼げる商品 オリンパスキャップレンズ【仕入れ&販売例】

カメラ転売を始めるたいけれど、何を仕入れればいいか分からない。

今回は「キャップレンズ」についてお伝えします。
中古市場(メルカリやラクマ)でよく見かけるレンズなので、相場などの知識を入れておきましょう。

カメラ転売で利益を上げたいならレンズを制するべき

カメラ転売で利益を上げたいなら、レンズの相場(いくらで売れるのか)を知るようにしましょう。

一眼レフカメラはカメラ本体とレンズが着脱可能です。
すでにカメラを持っている人は、手持ちのカメラに様々なレンズを装着して撮影を楽しみたいと考えます。
なのでレンズの単品販売も、かなり需要があります。

カメラだけでなく、レンズについての相場を認識することで仕入れもしやすくなるので是非参考にしてみてください。

 

カメラ転売で稼げる商品 オリンパスキャップレンズ

カメラセットを仕入れた際に、おまけで付いていることも多いです。

2種類あり、片方は大きく利益が出るので見極められるようにしておきましょう。

 

キャップレンズについて

名前の通りキャップのような薄いレンズです。

下部にあるレバーを右に移動させると中心のカバーが開き撮影が可能になります。
ズームはできません。

キャップレンズの種類

キャップレンズは2種類あります。

①OLYMPUS BCL-1580

この他にブラックとシルバーのものもあります。

 

メルカリで単品販売をする際は3,980円で販売するといいです。

3,980(売値) – 398(手数料) – 450(送料)

利益は3,132円になります。

※送料はメルカリの配送サービス、らくらくメルカリ便「宅急便コンパクト」を使用。

 

 

②OLYMPUS BCL-0980 フィッシュアイレンズ

こちらはキャップレンズ型の「フィッシュアイ」タイプのキャップレンズです。
魚眼レンズのような表現ができ、人気があります。

見た目は先ほどのBCL-1580とほとんど一緒ですが、レンズ本体に記載された文字が違うので注意して見てみてください。

こちらのレンズは、5,000円〜7,000円で売れます。
しかも人気があるので売れやすいです。

間違えて安く売らないようにしましょう。

 

キャップレンズ付きカメラセットの仕入れ&販売例

 

2万円で仕入れたOLYMPUS PEN E-PL5です。

商品説明を見てみると、フィッシュアイレンズが付いているのを確認できます。(商品画像では左上に確認できます。)
色はブラックです。

説明文もしっかり読んで、型番を確認してくださいね。

もし分からなければ、出品者にコメントで質問してみましょう!!

カメラセットの販売

フィッシュアイレンズは含まない形で、カメラセットを販売します。

OLYMPUS PEN E-PL5ブラック26,800円で販売できます。(ホワイトより売れにくいので、値段は少し低めに。)

26,800(売値) – 2,680(手数料) – 700(送料)

売上は23,420円になります。

※送料はメルカリ配送サービス、らくらくメルカリ便「宅急便」を使用。

 

原価(仕入れ値)が2万円だったので、この時点で3,420円の利益になります。

 

フィッシュアイレンズを単品販売

フィッシュアイレンズを単品販売します。
中古相場は先ほど説明したように、5,000円〜7,000円程です。

相場(売値)の調べ方
①相場を調べたい商品を検索

②絞り込み機能を使い「売り切れ」商品を表示させる。

③「売り切れ」ているということは「この値段で売れる」ということです。

 

例えば高値の7,000円で販売した場合

7,000(売値) – 700(手数料) – 450(送料)

利益は5,880円になります。

※送料はメルカリの配送サービス、らくらくメルカリ便「宅急便コンパクト」を使用。

 

今回紹介した取引の場合、カメラセットを販売した利益3,420円とフィッシュアイレンズの利益5,880円を合計すると総利益は9,300円になります。

カメラを1つ仕入れて売るだけで、バイトで9時間働いた分のお金が稼げるということです。

もしもフィッシュアイレンズ(キャップレンズ)について知らない場合は、カメラセットを販売して3,420円の利益しか取れないと思い、仕入れを検討してしまうかと思います。

重要
レンズの単品販売についての知識は、カメラ転売で稼ぐための必須の知識です。

 

1からカメラ転売を始めたい方はこちらの電子書籍を是非利用してください。
⬇︎

【副業】カメラ転売で月30万円稼ぐ方法【完全ロードマップ】

キャップレンズは単品販売してください

自身としては、基本的にカメラセットを販売する際は「標準ズームレンズ」を付属しての販売をお勧めします。

キャップレンズをカメラに付けて販売する同業者の方も多いですが、正直売れにくいです。
購入者は「ズームできるかどうか。」も結構気にされます。

キャップレンズはタイプによって値段の差異がある事を認識して、仕入れの際の参考にしてもらえればと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です