【副業】カメラ転売は「プチ」不労所得な件【労働は必要】


こんにちは!しょういちです!
プロフィールはこちら。


2年間の勉強期間を経て(実践を含む)、カメラ転売一本で生活が出来るようになりました。

僕は「カメラ転売」についての記事をたくさん書いています。
ある人にとっては「怪しい。」という印象を持たれるかもしれません。

しかし事実として、カメラ転売を知ったお陰で僕は人生を変えることができました。

お金を稼ぐためには、懸命に労働しなければいけない。

⬇︎

お金がわりと簡単に稼げる。労働はコスパ悪い。

へと価値観が移り変わっていきました。



今回は、カメラ転売を通じて得た価値観についてお伝えしていきます。


カメラ転売で生きています。


2016年からカメラ転売を始め、バイト2つ(ラーメン屋とパチンコ屋)を掛け持ちしながらコツコツと行動、検証を続けました。

●行った行動&検証●
・商品の相場
・仕入れの立ち回り方
・効率的な出品の仕方
・お客さんへの対応、クロージング

上記の4点が理解できると、転売で利益を上げていくのは造作も無いことです。

2018年2月から14年間暮らした東京での生活をやめて、地元の三重県の田舎町に帰ってきました。

初めのうちは、就職しようかと求人情報に目を通してみたりしていました。

しかし、どの求人を見ても手取り月20万円が限界

どうあがいても幸せになれそうもなかったので、それまで培ってきたカメラ転売の知識をフルに活かして自分で稼いでいこうと決めました。

[副業]カメラ転売で月30万円稼ぐ方法[オススメ]


仕入れの量を増やすことがカギです


カメラ転売で利益を増やすために必要なことは、仕入れをたくさん行うことです。

重要
仕入れをして、資産を増やす。


この考え方を理解できないと、転売を続けていくのは困難です。
以下の記事も参考にしてもらえればと思います。⬇︎


【せどり】カメラ転売は高金利の貯金です。【仕入れがうまくいかない原因を解消】



●2016年2月の帳簿●
カメラ転売を始めて2カ月目です。



●2017年1月の帳簿●
カメラ転売を始めて1年後



●2018年8月の帳簿●
仕事がゼロになって、思いきって仕入れ量を3倍ほど増やして半年が経過。
波に乗り安定した頃。



バイトを掛け持ちしつつの2年間の行動の積み上げで、どの商品がいくらで売れるのかを何度も検証し、利益を上げてきました。

単純にそれらの商品の仕入れ量(出品量)を増やせば、利益も増えると考え、思い切って実行してみたところうまく行きました。

現在も流れは変わらず継続中です。

カメラ転売で生活が楽になった


カメラ転売で稼げるようになってからはとても生活が楽になりました。

・決まった時間に仕事に行かなくてもいい

・好きな時間にやりたい事ができる

・家族といる時間が増やせた

・嫌な奴に合わなくてもいい(精神安定)

僕のカメラ転売の仕入れの方法は「今までゲームしたり、動画を見たりしていた時間の無駄使いをやめる。」です。

ただ楽しむためだけにスマホを覗いていた生産性の無い時間を、仕入れをするための時間に変換して仕入れをしてきました。


重要
副業で取り組んでいた頃の、日々のスキマ時間の合計は1日2時間ほどです。

これでも月8万〜10万円稼げていました。


現在は1日のうち8時間くらいは自由時間です。
基本的には、カメラを仕入れて出品し、後は待つだけの生活です。


とはいえ、一日中モニターに貼り付いているわけでは無いです。

以前と変わらず「スマホを覗く時は、極力商品を探すようにしている。」くらいのスタンスです。
この気持ちがあればオッケーです。

カメラ転売は「プチ」不労所得

☑︎不労所得とは☑︎
それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。


不労所得と聞くと、頭に浮かぶのは株やFXでしょうか?^_^
一度買ったり、売ったりすればその後は「待ち」。
上手く行けばお金が増えるといった形。

しかし、こういった不労所得と呼ばれるものにも労働は付き物です。
●株やFX●
銘柄を吟味。チャートを分析。
実際に取引を行う際にはある程度の実働が伴う。

●ブログやアフィリエイト●
アフィリエイト広告を貼る、ブログ記事の制作。
サイトのメンテナンスに実働が伴う。

●自己の商品を販売(電子書籍)●
価値のあるコンテンツを作るまでにかなりの実働あり。
僕も有料noteを制作し販売していますが、要した時間は300時間以上。


何をするにしても、「何もしないで稼ぐ」なんて無理ってことです。

時間をかけてコツコツ行動し、結果的にそこまでの労働をしなくても、効率よくお金が生まれる状態になっていくということです。



カメラ転売の実働


転売で月30万円稼ぐために必要な時間

あくまでも僕の場合です。
参考にしてもらえればと思います。

仕入れのための市場監視 → 2時間〜5時間


まとまった時間が必要なわけでは無く、普段の「非生産的な行動」を仕入れのための時間に割り振ればいいだけです。


どんなに忙しくても、5分や10分の時間の無駄使いをやめれば、合わせて1日2時間の仕入れ時間が作れます。
僕はそれでやってきましたし、今もそのスタンスです。

仕入れ商品の検品&出品 → 15分〜1時間

1つの商品につき、かかる時間です。
時間に開きがあるのは、慣れればめちゃくちゃ早く済むからです。

僕自身、カメラを1つ検品して撮影、出品まで15分あれば出来てしまいます。
4年間同じこと続けているので。笑

質問が来た時の対応 → 5分〜30分

お客さんによって、質問責めの人もいるのでそういった時は時間がかかります。

とはいえ、ソファーに寝転びながら、友達と酒呑みながらでも対応は可能なので楽勝です。

売れた商品の梱包&発送 → 15分〜30分

これから転売を始める人は、ここに時間がかかると思いがちですが梱包も慣れたら片手間です。

梱包用のダンボールは近くのスーパーでもらえば、タダで調達可能です。
スキマを埋めるための資材は新聞紙が一番有能。

購入するものといえば、ガムテープくらいです。

発送も出かけるついでにコンビニに寄って発送すればいいだけ。
フリマアプリごとの配送サービスを利用すれば、伝票の宛名書きも不要なので、全然時間かかりません。



このように、時間がかかるといえば「仕入れのための時間」なのですが、ここも普段の生活の中でのスキマ時間を使えばいいだけの話なので、僕からすると労働とは言い難いです。

重要
カメラ転売の実働は商品の検品&出品、売れた時の梱包&発送。合わせても1時間くらいです。



後は基本自由時間。自分でスケジュールを決めて行動です。

その間にネット上で勝手に商品が売れて、お金が増えて戻ってきます。
不労所得ですね。

[副業]カメラ転売で月30万円稼ぐ方法[オススメ]


「プチ」不労所得の意味


今回は「不労所得」という言葉の前に「プチ」をつけました。笑

転売は完全なる不労所得とは言えないので。

・商品を出品したり梱包したりするため、時間や場所にある程度縛られる。

・商品が一度売れてしまうと、そこでその商品に関しての収益がストップ。


上記のように、不労所得と呼ぶにしては自由度が少し低いので「プチ」です。笑

しかし、一度商品を出品し販売するだけで5,000円〜1万円以上の収益が見込めます。

アルバイトで5時間働いて、一度きりの5,000円を得るよりかはマシです。


今の仕事に自己成長が見込めないなら、少しずつ環境を変える事をオススメします。

お金を稼ぐ為だけに今の仕事をしているのであれば、他の稼ぎ方を知り、コツコツと実践をしていくべきです。
1年〜2年後にはバイトをしなくてもいい生活が待ってます。

中でもカメラ転売は、まとまった時間がなくても結果が出せる副業になります。
ぜひ他の記事もご覧になってみてください。

【副業】カメラ転売の始め方【必要なモノもお伝えします。】



事業の借り入れにオススメのカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です