【せどり】カメラ転売で仕入れるべき一眼レフカメラ PENTAX K-x【人気商品】

カメラ転売(せどり)を始めるたいけれど、何を仕入れればいいか分からない。

上記の方にオススメの記事です。

今回も僕がいつも取り扱っているカメラを紹介します!!
このカメラもメルカリやラクマなどのフリマアプリで売れやすいオススメの商品です。

いくらで仕入れて、いくらで販売すべきかを解説していきます。

カメラ転売で仕入れるべき一眼レフカメラ PENTAX K-x

画像38

メルカリやラクマなどのフリマアプリでカメラを販売する際は、女性に好まれそうなカメラを扱うようにしましょう。

フリマアプリでカメラを探しているユーザー層は「若い女性」になります。

PENTAX K-xはカラーバリエーションが豊富

画像39

画像40

このカラフルさが非常に女性受けします。
黒やシルバーなど暗めの色は、非常に売れにくいので取扱う必要はありません。

ホワイト、レッド、ピンクは実際に仕入れをし、販売をしてみました。

いずれも1ヶ月以内に売れ、中には出品後10分で売れてしまったこともあり、とてもビックリしたのを覚えてます。

仕入れ商品には意図があると良い

相場よりも安いからといって、闇雲に商品を仕入れるよりも、「この商品でどうお客様の心を揺さぶるか。」をイメージできるかが大事です。

このペンタックスの一眼レフに関しては見た目のカラフルさが売りなので、購入しようとしている人がどんなイメージを膨らませてくれるかを、こちらも想像してあげると、商品撮影をする時にも良い作用が生まれます。(アングルや照明の焚き方に自発的な工夫が生まれる。)

恐らくこのカメラを見たお客様は、このカラフルで可愛い一眼レフをもって、遊園地やピクニックに出掛けるのをイメージすると思います。

 

重要
購入後のイメージが湧きやすい商品写真をお客さんに提示してあげると、より購買意欲が湧きます。

少しの工夫でいいので、そのことを意識して販売に取り組むと、思ったよりも売上に作用してくるので、そういった目に見えない部分にも気を配ってみてください。

市場相場の調べ方

このPENTAX k-xの相場を調べてみましょう。
相場の調べ方はどの商品にも当てはまります。

「いくらで販売できるか」をこの方法で調べることができます。

①メルカリの検索で「PENTAX k-x 」と検索してください。

検索結果が表示されたら「絞り込み」をタップしましょう。検索条件を絞り込めます。
⬇︎

 

 

②次に表示されるページで「販売状況」をタップ
⬇︎

 

 

③次のページでは「売り切れ」にチェックマークを入れる。
⬇︎

「売り切れ」にチェックマークを入れたら、完了を押してください。

 

④過去にいくらで売れているのかが表示されます。
これがそのままメルカリ市場での相場価格という事になります。

画像44

どんな商品でも、どんな市場でもこのやり方で「相場」を調べることが出来ます。

この中から「綺麗な商品写真」のものに注目してください。
同業者の人がいくらで売っているかがわかります。

重要
PENTAX K-xは約20,000円〜25,000円が相場だということがこれで確認できます。




評価数が少ないうちは安く売る

価格の設定は自身の「評価」の数によって決めていくといいかと思います。

評価数が少ないうちは、価格を押さえて早めに売りさばき、資金を回す事に徹すると良いかと思います。

この商品に関しては評価数が1ケタであっても20,000円程度で出品すればすぐに売れると思います。
2ケタ、3ケタに近い評価数がある方は20,000〜25,000円の間で売ってみるといいでしょう。

仕入れ例&販売の方法

カメラ転売でカメラを売る際は、「届いたらすぐに使える。」セット内容にしてください。

  • このカメラは単三電池4本で駆動します。100均などで電池を買っておきましょう。
  • 記録メディアである「SDカード」が必要です。東芝のFlashAirを仕入れておきましょう。

FlashAirは、amazonで新品3,500円〜4,000円で買えます。
出来ればメルカリやラクマで中古を2,000円〜3,000円で仕入れるようにしてください。

【カメラにWi-Fi機能を付加】TOSHIBA FlashAir SDカードについて【カメラ転売に必須のアイテム】

 

仕入れ例

PENTAX k-x ホワイトダブルズームキットを仕入れました。
⬇︎

画像48

 

ダブルズームキットということで、レンズが二つ付いています。
黒い長い方の望遠ズームレンズは別売りしますので、手元に置いておきます。
⬇︎

画像49

 

箱、説明書もちゃんと付いてました。
⬇︎

画像50

 


 

SDカードは2600円で仕入れたものです。
あと、100均で電池も購入。
⬇︎

画像51

カメラの仕入れ、電池とSDカードの金額を合わせると

15,500(カメラ) + 2,600(SDカード) + 100(電池)

原価は18200円になります。

 

販売例

22,800円で販売すると以下の利益が出ます。

22,800(売値) – 2,280(手数料) – 700(送料)

売上は19,820円になります。

ここから原価18,200を引くと純利益は1,600円になります。

そして手元に置いてある望遠ズームレンズを売り、利益の上乗せをします。


望遠ズームレンズはラクマで8,300円で売れました。

 

画像54


ラクマで8,300円で販売すると利益は7,210円になります。

ここに先ほどのカメラセットを販売した利益1,600円を足すと総利益は8,810円になります。

 

気になる商品はリサーチしよう

今回は二つレンズが付いているダブルズームキットを仕入れた場合を例にあげました。
このPENTAXの一眼レフはこのようなダブルズームキットで売られている事が非常に多いので参考になるかと思います!!

レンズが一つの場合は1万円くらいで仕入れられるといいですね。

要はカメラセットで2万円程の利益が取れると考えて、それ以下に仕入れ値を抑えるようにしてください。

仕入れをする際、自分の感覚で「これならターゲットにしている女性の気が引けそうだな。」と思ったら、市場相場をリサーチして「いくらで売れるか」を確認してみてくださいね。

今回は以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です