カメラ転売の仕入れ方法【スマホのみを使ったシンプルな仕入れ方を解説します。】


副業でカメラ転売(せどり)を始めたいけど、商品の仕入れってどう行えばいいの?

上記の疑問にお答えします。


この記事を読むことで、カメラの仕入れができるようになります。

特別な機器を別途購入する必要とかもありません。


筆者はカメラ転売の仕入れをスマホ1台で行っています。
今回の記事では、仕入れをするための行動方法を詳しく解説していきます。

カメラ転売の仕入れ方法

仕入れを行う市場について


カメラを仕入れる際に使う市場は以下の3つ。

・メルカリ[招待コード → CJKQMY]
・ラクマ[招待コード → 5KJ2N]
・ヤフオク

※新規登録の際、招待コードを入力するとメルカリの場合は300円分のポイントが付与されます。(ラクマは100円分のポイント)

僕は仕入れの9割をメルカリで行っています。
主にメルカリで商品を探しつつ、合間にラクマやヤフオクを覗いてみるといった形です。

とりあえず、すべてのサイトでアカウント制作(登録)をしておくといいです。

メルカリの登録の仕方はこちらの記事で説明しています。
⬇︎
【副業】カメラ転売の始め方【必要なモノもお伝えします。】


初期費用は2万円あるといい


ここでいう初期費用は「商品を仕入れるための費用」です。
2万円ほどあれば大丈夫です。

少し多いなぁと感じるかもしれませんが、カメラ転売の利益単価は5,000円〜10,000円ほど見込めるので、投資額に対してのコスパは非常に高いと言えます。

この費用の捻出も厳しい人は「自己アフィリエイト」をしてみると良いですよ。
特に費用はかからず、お金を作ることができます。


自己アフィリエイトに関しての詳しくはこちらの記事をお読みください。
⬇︎
【初心者向け】自己アフィリエイトで5万円を稼ぐ方法【副業の初期費用を捻出しよう】



とはいえ、2万円の種銭で利益を積み上げていく形なので、実質的に初期費用とは呼び難いです。
どんな副業をやるにしても始めにお金はある程度必要なので、ここで諦めてしまうのはもったいないですよ。

●副業に取り組む際に必要な初期費用●

・アフィリエイト
→ドメイン代、サーバー代として1万円ほど初期費用が必要。

・FX
→国内口座を利用するとなると5万円ほどの保証金が必要。

・プログラミング
→勉強のための費用がかかる。(1万円〜)

仕入れのための基礎行動


商品を仕入れるために必要なことは以下の2点です。

・商品の相場知識
・スキマ時間を有効に使う

2点とも難しいことではありません。
詳しく解説していきます。

商品の相場を知っておく

まずは仕入れるカメラを決めておきましょう。

重要
いきなり何個ものカメラの相場を知る必要はありません。
月に1万円〜3万円ほどの副収入を得たい場合は2つほどカメラの相場を知っておけば達成可能です。

実践していく中で、取り扱えるカメラのアイテム数を増やしていけば大丈夫なので、まずはターゲットを2つほどに絞って市場監視していきましょう。



商品の相場に関しては以下の記事を参考にしてみてください。
⬇︎
【せどり】カメラ転売で稼げる商品 OLYMPUS PL2【仕入れ&販売例】
【せどり】カメラ転売で稼げる商品 OLYMPUS E-PL5【仕入れ&販売例】


・OLYMPUS PL2は1万円ほどで仕入れる。
・OLYMPUS PL5は1万5千円ほどで仕入れる。

上記のルールを作って仕入れができれば、1回の取引につき最低5,000円の利益が出せます。

例えば、月2万円稼ぎたい場合は3〜4個仕入れれば達成ですね。

1ヶ月の間に3個〜4個仕入れれば良いだけです。
めちゃくちゃハードル低いですよね。




初めのうちは多くの商品を複合的に監視していくのは不可能です。

あっちこっち色々な商品を検索していると、本当に仕入れたい商品が出品されたタイミングに出くわすことができず、取りこぼしてしまうことに繋がります。

背伸びせず、数個のアイテムの相場をしっかり頭に叩き込み着実に行動してみてください。
そうすれば、赤字も確実に回避できます


商品の相場に関してはこちらの電子書籍を

商品の相場を調べる手間を省きたい方は、僕の作成した電子書籍を利用してみてください。

取引の実績公開もしているので、より詳しく商品の仕入れ方や販売方法について知ることができます。

自分で考えてリサーチしていくのもいいですが最速で、ある程度の結果を出したい方は読んでみるのもアリです。
4年間で培ったノウハウを1から順に解説しています。

自己アフィリエイトを使えば、実質タダの教材ということになるのでオススメです。

【副業】カメラ転売で月30万円稼ぐ方法【完全ロードマップ】


スキマ時間を使いましょう

カメラ転売をやるにあたって、まとまった時間を確保する必要はありません。
あなたが現段階で保有している「スキマ時間」を使いましょう。

・スマホでゲームしている時間
・スマホで動画を見ている時間
・スマホでSNSを利用する時間

スマホで余計なものを見ていた時間を、仕入れするための時間に当てましょう。


重要
空いた時間はメルカリを開く
これが基礎中の基礎です。


カメラ転売の仕入れは、相場感の無い素人が安く出品した商品を狙うのが基本です。

そういった商品を同業者の誰よりも早く買い上げることが転売の最も重要な仕事です。

バイトの休憩中、食事中、トイレ中、寝る前。
あらゆるスキマ時間にチャンスが訪れます。

メルカリを監視する時間をできるだけ長くとって、いい商品と出会える確率を上げていきましょう。
これが出来れば絶対に仕入れることができます。


ゆっくり休む時間が無いのは辛いなぁ。

スマホを息抜きに使っている人には少し酷かもしれません。

ただ、スマホを仕入れに使えばいいという事なのでテレビを見たり、パソコンで動画を見たりする分には問題ありません。

要はスマホを無駄な事に使わないようにすればいいんです。



・晩御飯を食べつつ、テレビを見ながら仕入れ
・友達と居酒屋でお酒を飲みながら仕入れ
・パソコンで動画を見ながら仕入れ

常にスマホのモニターに張り付く必要は無し。てか無理。

何かをしながら、「スマホを開く時はまずメルカリを覗く。」といったスタンスで大丈夫です。

僕はいつもブログを書いているパソコンの横にスマホを置いて、手を休めた時に市場監視しています。


値段交渉は積極的にしてください


フリマアプリのメルカリやラクマでは、出品者に対して値段交渉することができます。

商品価格が仕入れるに値しない価格の場合は、同業者もスルーする場合が少なくありません。

「あと少し安くなれば、5,000円の利益が出せるなぁ。」といった場合は、積極的に値段交渉してみることが大事です。

コメント欄から値段交渉

商品ページの下部のコメント欄から出品者にメッセージが送れます。

ここに希望価格を提示してみましょう。

コメント失礼します。
こちらの商品、あと2,000円値引きしていただくことは可能でしょうか?
良ければで大丈夫なので、ご検討よろしくお願いします。

上記のように丁寧な文面で交渉するようにしてください。

値引きが承諾してもらえた際は、商品の価格を変更してもらった上で購入に進めばオッケーです。

中には無視してくる人もいますが、気にせずダメ元で交渉していきましょう。

無駄なものは検索しないようにする

メルカリの便利な機能として、「おすすめ」というカテゴリーがあります。

アカウントがどういった商品を検索している傾向にあるかを自動で分析し、表示してくれるカテゴリーになります。



例えば「カメラ」で商品を検索をしていると、このおすすめカテゴリーにはカメラ関連のものが表示されるようになります。

逆に自分の趣味のもの、「バイク」や「ギター」などの検索をしているとこのカテゴリーにはカメラに混じって不必要な商品も表示されてしまいます。


仕入れたい商品の検索を行っていると、次第におすすめカテゴリーには転売に関しての自分の仕入れたい商品だけが表示されるので、常にこのページを見ていればいい状態になります。

重要
何か他の作業をしていても、おすすめカテゴリーのページを更新するだけで市場監視ができる。


リサーチ(調査)をする際に検索をかける手間が省けるので、おすすめカテゴリーには仕入れたいものだけが表示されるように、無駄なものの検索は避けるようにしましょう。


まとめ

仕入れる商品を決め込む。
⬇︎
②スキマ時間にスマホで市場監視。
⬇︎
③相場感の無い素人によって、目当ての商品が安く出品された瞬間に出くわして購入。
(もしくは値段交渉をする。)

僕は月30万円以上を稼げるようになった現在も、このルーティンで仕入れを行っています。

カメラを仕入れる際に重要なのは、スマホで時間の無駄遣いをしないことです。
それが出来れば、カメラ転売で稼ぐ(仕入れる)ことが可能です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です