カメラ転売で1万円の利益が出る仕入れ例【LUMIXの高級レンズについて】

副業でせどり(カメラ転売)を始めるたいけれど、何を仕入れればいいか分からない。

上記のお悩みを持つ方にオススメの記事です。

この記事を読むことによって、カメラ転売で仕入れるべき商品についての知識が身につきます。

 

筆者はカメラ転売で月30万円ほどをコンスタントに稼いで生活しています。
数ある取り扱い商品の中から、今回も売れやすい商品についてお伝えしていきます。

商品の相場(市場でいくらで売れるか)を理解しておけば、赤字になる可能性は限りなく皆無に近いです。

せどりで失敗する人の多くは、相場のリサーチ(調査)を怠って売れにくい商品を「安いから。」という理由でバンバン仕入れて在庫。
面倒臭くなって退場するのがオチです。

そうならないように、僕が実際に仕入れたという実績をもとに、仕入れるべき商品について解説していきます。

 

カメラ転売で1万円の利益が出る仕入れ例

今回は仕入れたカメラセットをバラ売りする例です。

カメラはセットにしなくても需要があります。

本体だけでも売れます。
レンズだけでも売れます。
充電器やバッテリーも予備としての需要があります。

約1万円の利益が出る内容です。
バラ売りした方が利益が出せる場合があるので、参考にして頂ければと思います。

Panasonic LUMICS GF-2 + 20mm F1.7レンズを仕入れました。

画像右下に「取引画面へ」と緑色のボタンが表示されています。
これは僕が実際に購入したという証拠になります。

誰かが購入した形だとここが「売り切れました」と表示されます。

今回はこのカメラセットの中身をバラ売りすれば、大きく利益が上がるのでご紹介します!

理解してもらい、同じように仕入れを行えば利益を上げることに一歩近づきます。

 

カメラボディの価値

早速セット内容をバラ売りする場合、それぞれいくらの価値があるのかを説明します。

 

このカメラは「ミラーレス一眼レフ」という形態のカメラです。

写真はボディとレンズがくっついた状態になっていますが、取り外し可能です。

 

緑がボディ、赤がレンズ↓

画像5

まずはカメラボディがいくらで売れるかです。

カメラボディだけでは撮影はできません。
それでも以下の需要があります。

カメラボディの需要
・同じ機種を使っていたが、ボディだけ壊れた
・部品取り
・オブジェとして利用

この世に無価値なモノは存在しません。

このカメラはボディ単体で販売する場合、2,680円で売りしょう。

2,680(売値) - 268(手数料) - 450(送料) = 1,987

売上は1987円になります。

送料はメルカリの配送サービス、らくらくメルカリ便「宅急便コンパクト」を利用した場合。

 

カメラボディの価値は約2,000円です。

レンズの価値

今回付属していたレンズは
ルミックス G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020

というレンズです。

 

このレンズが高値で売れます。
メルカリ市場相場は15000円〜22000円です。

僕はいつも19,800円で販売しています。

19,800(売値) - 1,980(手数料) - 450(送料)

 

17370円の売上げになります。
先程のカメラボディの売上見込み2000円を足すと合計19,375円になります。

充電器の価値

メルカリでこの充電器の商品名である「LUMIX DE-A93」で検索をかけると相場がわかります。⬇︎

 

いくらで売れているかを見たところ、売値相場は500円〜2000円といったところですね。

2000円で売った場合

2,000(売値) - 200(手数料) - 450(送料) = 1370

1,370円の売上が出ます。

 

先ほどまでのカメラ&レンズの合計売上を足すと、ここまでで合計20,745円の売上になります。

バッテリーの価値

バッテリーも付いていますのでこれもバラ売りします。

このカメラに付属しているバッテリーが
DMW-BLD10」
という品番のものみたいです。

充電器の時と同じように検索をかけましょう。⬇︎

画像15

ざっくり見たところ相場は500円〜1500円程だということがわかります。

1,500(売値) - 150(手数料) - 195(送料) = 1,155

1155円の売上です。

今までの売上に上乗せすると、合計は21,900円になります。

SDカードの価値

 

最後にSDカードの価値です。

このカードは東芝の「FlashAir」というSDカードになります。
このカードはいつもカメラセットを販売する際につけるSDカードなので、単品販売はしません。

いつも3,000円で仕入れるものなので、価値は3,000円です。

 

こんな感じでいつも仕入れています。⬇︎

 

まとめ : バラ売りをする方が儲かる

今回のカメラセットをメルカリでバラ売りした場合の総売上は24,900円になります。

24900円の価値があるということです。

ここから仕入原価の15,000円を引くと

24,905(売上 ) - 1,5000(原価) = 9,905(純利益)

約1万円が稼げる取引ということになります。

今回はバラで売る場合の例を説明しました

バラ売りした理由は以下。

重要
「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020」が高値で売れるレンズだったから。

この「LUMIX GF2」というカメラを、そのままセットで売った場合の相場は2万円程なんです。

2万円で売れたとしても

20,000(売値) - 2,000(手数料) - 700(送料) = 17,300

売上は17,300円にしかならないので、原価の15,000円を引くと「2,300円」の利益にしかなりません。

しかし、それぞれをバラ売りする事によって「レンズの価値」が作用し、利益は1万円になります。

バラ売りをする場合に備えて、それぞれのパーツにいくらの価値があるのかを知っておくと、利益の出方がまるで変わります。

カメラセットを売る事に慣れてきたら、バラ売りでも利益を出せるように行動してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です