僕が本格的にYouTubeを始める理由【好きなことを資産に】

どうも!!しょーいちです!

これから本格的にYouTubeに取り組んでいくことにしました。

・芸能人の参入が目立ってきた。
・動画で稼ぐインフルエンサーが沢山いる。
・5Gになったら通信制限が無くなる。(今までギガ数を気にしていた人が動画を沢山見るようになる。)

上記の他にも理由は様々ですが、確実に今まで以上に大きな波が来る。

この記事では、僕がYouTubeを始める理由をまとめました。
YouTubeを始めようか迷っている人の参考になるかと思うので、是非読んでみてください!!

僕が本格的にYouTubeを始める理由

今さら初めても「もう遅い。」と思う人も多いかもしれません。
僕もそう思っていました。

とはいえ、何もやらないよりはマシ。

僕がせどりを始めた時も、既に先人がたくさんいました。
それでも月30万円〜40万円を稼ぐことが出来るようになりました

YouTubeも同様。
むしろこれから加速していく市場です。
やるべき価値は大です。

 

重要
見えない未来に時間を投資することが何よりも大事

稼げるかどうかは正直わかりません。
でも、空いた時間を遊んだり酒飲んだりするのに使うよりも生産性があります。

時間の無駄遣いをやめなければ、人生は前に進まない。

僕のチャンネルのテーマは「弾き語り」です。

僕には6年ほど前に開設してあったチャンネルがあります。
ミュージシャンをやっているので、自身の楽曲やライブ動画をアップするために作ったもの。

僕のチャンネルはこちら。

 

ここにカバー動画(たまにオリジナル)を上げていきます。
目標は年間300本。

3年継続すれば1000に近い、楽曲のプレイリストが作れます。
インパクトは絶大。めちゃ達成感ありそう。

カバー動画は既に飽和しているように思えるが、まだ穴がありそう。

現在の視聴回数の多いカバー動画のほとんどは「当て振り」です。

当て振りとは
事前にきっちりレコーディングしたものに、演奏したように見せかけた映像を重ねている形です。
いわゆるミュージックビデオのような感じ。

僕はこれをせずに、「ライブ感」を大事にしていこうと思います。

レコーディングのスキルもあるので、「CDに近いクオリティの音」で「手直し無しの一発勝負な演奏」を動画にしていきます。

これをやっている人が案外いなくて、「弾き語りのカバーといえばこの人!!」なポジションを取りに行きたいと思います。
楽曲を「人前でどう演奏すべきか」の疑問を持つ人の参考にもなると考えています。

楽曲は検索され続ける。

この世から音楽を楽しむということが無くなることは、ほぼありえない。
なので新しいものから古いものまで、あらゆる楽曲が今後も検索され続けます。

チャンネルを継続し、情報を多くしておくことでこの検索にヒットし、再生数が伸びていくことをイメージしています。

僕はもう一つチャンネルを持っていて、そちらは「カメラ転売」に関しての情報を発信しています。
しかし、ネットビジネスの情報は腐るのが早いです。2年も経つと常識が大きく変わる。

時代の移り変わりで、一切見られなくなる可能性のあるジャンルなので、「資産を作る」という観点からすると少し微妙だと感じました。

この事に気付けたので、カバー動画を量産していく意義が明確になりました。

動画は資産形成です

一度作成した動画が、どれだけの期間働いてくれるのかは考えておくべきです。

僕が考える基準は「普遍的」かどうかです。
なので、Vlog系や自己啓発系の動画は息が長いと思います。

今から動画を始める方で、特筆したスキルのない人は趣味を動画に納めておくのがいいと思います。

こんなつまらない趣味の動画を誰が見るんだ。」と思ってしまうのはもったいないです。

その趣味の内容がニッチなものであっても、5Gになり視聴する人が増えることによって需要が高まっていくことは確実です。

重要
「体験」は消えてなくなりますが、動画に残しておけば「資産」になります。
面倒臭がらずに行動すべき。

僕にはせっかくの「歌をうたえる」「ギターが弾ける」という二つの得意技があるので、全部この世に残しておこうと思います。

好きなことで続けよう

これはどんな物事にも共通することですが、「好きだなー。」「面白いかもー。」と思えることに取り組むようにしてください。

結果を出すためには継続することが前提にあります。

動画制作は鬼しんどいです。笑
面白いと思えないと絶対に継続することはできないですね。

僕は動画制作を以下のルーティンで進めています。

  • 楽曲の選定&練習に2時間
  • 本番2時間(納得いくまでやる)
  • 映像と音声を合わせる編集に1時間

弾き語りカバー動画を作る場合は合計5時間ほどかかります。
これをほぼ毎日。
効率悪!!笑

好きじゃないとやってられないですね。

まとまった時間がないと無理

他ジャンルだったら5時間も時間はかからないとは思いますが、見てもらえるものを作るにはそれ相応のまとまった時間が必要。
撮影場所の確保もあるので、細切れに取り組むのは難しいです。

仕事の忙しすぎる人が稼ごうと思ってYouTubeに挑戦するのは少し無謀です。

他の副業でお金を稼いでから取り組むのが賢明ですよ。
そのままの環境だと普通に無理です。

僕はせどり(カメラ転売)で月に最低30万円は確保しつつ、ブログと動画に取り組んでいます。
日々の自由な時間は10時間ほど。

本気で取り組めば2年で達成できるので、せどりで稼げるようになって環境を整えてからの挑戦をオススメします。

歌で飯を食いたい

僕には2歳になる息子がいます。
彼が大きくなる頃には、テレビに出るよりも「YouTubeで結果が出ている。」事の方が価値がある時代になっているはず。

とーちゃんがYouTubeで歌をうたってお金を稼いでいるとなると、息子も胸を張ってくれるかも。と思っています。
これが僕にとってYouTubeを頑張ろうと思った大きな理由かも。

今後も動画についての体験や情報も発信していきますので、よかったら是非チェックしてみてくださいね。

今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です