【もう限界】仕事を辞めたいなら誰にも相談するな【自分で決めろ】

仕事辞めたい人

仕事を辞めたい。限界なんだ。
でも自分で決めるのが不安。誰かに相談した方がいいかな?

上記の迷いが生じている人にお伝えしたいことがあります。

 

仕事を辞めたいなら誰にも相談するな。

あなたを突き放すつもりはありません。

自分で考えて、自分で決めることで
様々なメリットが生まれることを解説します。

 

本記事の内容

本記事は、以下の内容をお伝えします。

  • 退職を誰かに相談することで起こるデメリット
  • 退職を自分で決めるべき理由

これらを軸にして、あなたが仕事を辞める際
誰にも相談する必要がないことをお伝えしていきます。

 

この記事を書いてるのはどんな人?

筆者

筆者のしょーいちといいます。
現在はフリーランスとして生きています。
  • せどり(カメラ転売)
  • ブログ
  • 音楽活動
主に上記からの収入で月30万円〜40万円ほど稼いでます。

僕はフリーランスになろうと決めた時
奥さんにも相談しませんでした。

 

偏った意見かもしれませんが、正しい選択をしたと思っています。

この体験も交えつつお話ししますね。

筆者

では、本題に入りましょう!!

 

仕事を辞めたいなら誰にも相談するな

仕事を辞めたいなら誰にも相談するな

まず最初に、仕事を辞めたいことを
誰かに相談するべきじゃない3つの理由をお伝えします。

  • 誰かの言葉は基本的に無責任
  • 誰かの言葉は「言い訳」に変わる
  • 答えはすでに、あなたの中にある

これらを深掘りしていきます。

 

誰かの言葉は基本的に無責任

あなたが仕事を辞めたいと誰かに相談した場合に
返ってくる答え、言葉は基本的に無責任です。

 

何故なら、相手は保守的な意見しか述べないから。

例えば、会社の同僚上司に相談するとします。

あなたに仕事を辞められたら自分が困る(業務が増える)ことから
返ってくる言葉は「もうちょっと頑張ってみよう。」の類ではないでしょうか?

 

あなたが仕事を辞めるという流れにならず、振り出しに戻る可能性は高いです。

 

筆者

仕事を続けるのが限界なら、職場の人間に相談するのはやめるべきです。

 

家族や友達の言葉も同様

あなたの事を大事にしてくれている人の意見であっても
「仕事を辞める。」という決断をブレさせる危険があります。

 

筆者

家族や友達を信頼することは何の問題もありません。
ただ、仕事を辞める決断をするための相談はする必要なしです。

あなたが所帯持だとして、奥さんに相談したとしても
今の暮らしが維持できない不安から「これからどうするの?」という返事が返ってくる可能性もありますよね。

結局、この言葉は「もうちょっと頑張ってみてよ。」の裏返しです。

 

そのせいであなたの限界が度を越して
ボロボロになってしまうのであれば、相談なんかせずに辞めてください。

 

筆者

一番大事なのは、あなたの命です。

 

もちろん誰かに相談して、救われる言葉を受け取れることもある。

とはいえ、擦り切れた心に思いもよらない「もっと頑張れ。」の言葉は酷です。

 

その可能性を回避するためにも、安易に誰かに相談するのはやめよう。

 

誰かの言葉は「言い訳」に変わる

誰かに相談して得たアドバイスの通りに行動することは
うまくいかなかった時の「言い訳」探しと一緒です。

友達に「続けていけば慣れるよ。」とアドバイスをもらう。
⬇︎
アドバイス通りに行動するも、ツラくなる
⬇︎
「あいつの言った通りに頑張ったのに。」と責任転嫁(言い訳)

 

自分はそんな風にならないと思っていても
責任転嫁して言い訳したい気持ちは多少出てくるはずです。

 

筆者

これだと、誰も報われないですよね。

 

答えはすでに、あなたの中にある

仕事を辞めるという答えは、あなたの中に出ている。

これに関しては自分の気持ちに100%正直でいいんです。

 

重要
仕事を辞めることは逃げや終わりではなく、「新しい毎日の始まり」です。

 

続けていくのが限界な職場にいても
あなたを待っているのは「先の知れた未来」です。

 

僕は窮屈な職場を抜け出したくて、副業としてせどり(カメラ転売)を開始。

2年ほど耐えて、準備を続けて仕事を辞め
フリーランスとして歩き出しました。

 

環境を変えれば、未来の見え方がガラリと変わります。

筆者

断言する。

周りの目なんか気にせず、自分の中にある答えに正直でいてください。

 

仕事を辞めることを相談せず、自分で決めるべき理由

仕事を辞めることを自分で決めるべき理由

仕事を自分の意思で辞めることを決めた時
以下のメリットが生まれます。

  • 他人の意見に惑わされず後悔しない
  • 結果を出すために必死で頑張れる

 

他人の意見に惑わされず後悔しない

人の後悔は、「自分で決めなかった」ことで生じます。

仕事という、自分の人生に直結することの判断を
誰かに任せていてはダメですよ。

 

正 : 自分で生き方を決める
⬇︎
失敗しても、後悔はない。
立ち上がる力が残る。

 

誤 : 他人に生き方を任せる
⬇︎
失敗したら、その人のせいにする。
後悔して立ち上がる力も無くなる。

 

筆者

自分の生き方、自分で決めろ。

 

結果を出すために必死で頑張れる

僕は32歳から、せどり(カメラ転売)に専業で取り組み
フリーランスとしての道を歩き出しました。

誰にも相談せず、意見も求めず始めました。

 

そうしたことで以下の気持ちが生まれました。

結果が出せなかったら、文句言われてもしょうがない。

筆者

自分の責任で始めることで、逃げ道がなくなりました。

一見大変そうだし、怖いと思われるかもしれませんが
「結果を出すんだ!!」と実直に行動すれば、絶対結果出ますからね。

 

重要
副業を始めて、「結果が出ない」と嘆いている人は
誰かのせいにして、途中で努力を辞めてる人のみです。

 

転職するにしても同じです。

自分の責任で「続けたいと思える職場を探す」ことを決心すれば
何度だって転職してオッケーだし、その気力も続きます。

 

誰かに言われて行動するんじゃなく、自分で決めて行動しよう。

 

まとめ : 限界が来たら仕事を辞めていい

まとめ : 限界が来たら仕事を辞めていい

今の仕事を続けることができないくらい限界が来たら
そんな場所から逃げてしまいましょう。

その際に誰かに相談する必要はありません。

 

理由は以下。

  • 誰かの言葉は基本的に無責任
  • 誰かの言葉は「言い訳」に変わる
  • 答えはすでに、あなたの中にある

 

「辞める」という決意が、誰かの意見によってブレる可能性アリ。

 

自分で決めることで、その後のモチベーションも良い方向へ転がることを解説してきました。

 

当ブログでは「副業」「退職」に関しての記事を執筆しています。
関連記事も是非参考にしてください。

関連記事

・仕事を即日退社する方法

・退職代行の利用は非常識?!

・カメラ転売で稼ぐ方法記事まとめ

・電子書籍「カメラ転売で月30万稼ぐ方法」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です