退職代行の利用は非常識!?【出来ない事は誰かに頼んで当然】

退職したい人

仕事をやめるために「退職代行」を利用することを検討中。
でもこれって非常識かなぁ?
上記のお悩みを持つ方に向けた記事になります。

今の仕事を辞めたいけれど自分からは行動できない人のために、退職の手続きを代わりに行ってくれる「退職代行サービス」。

 

退職代行サービスを使いたいけれど、「誰かに、非常識だと思われたくない。」という気持ちが芽生えてしまった方は本記事を読んでください。

 

結論: 退職代行サービスを利用するのは非常識なんかじゃありません。

 

筆者

誰かに退職業務をお願いするとはいえ、利用するのを決断をするのはあなた。
決して他力本願な考え方ではありません。
自分の人生を守るための決断を僕は支持します。

 

本記事の内容

本記事は以下の内容に沿ってお伝します。

  • 退職代行の利用が非常識じゃない理由
  • 誰かの助けを得ることは大切
  • 自分で辞めるのがベスト

退職代行を利用しようかと迷っている時点で、あなたは少し追い詰められているのかもしれませんね。

そんな時のライフラインとして、退職代行を使うのはアリです。

 

筆者

僕の考えを、是非とも参考にしてください。

退職代行の利用は非常識!?

退職代行の利用は非常識!?

退職代行サービスの利用が非常識じゃない理由を2つ挙げます。

  • 仕事を辞めるスキルが無いなら外注すればいい
  • 生きるか死ぬかに関わる問題だから利用すればいい

僕が退職代行を支持する理由です。

詳しく解説。

 

あなたに「仕事を辞めるスキル」が無いなら外注すればいい

世の中はその人に出来ない事を、誰かに代わりにやってもらう(外注する)ことで回っています。

  • フランス料理を作れない→フランス料理店に行く
  • トイレが詰まって直せない→配管業者にお願いする
  • 早く目的地に辿り着きたい→タクシーに乗る

上記と同じように「仕事を辞められない→退職代行会社にお願いする」は、今後社会的に自然なことになっていくと考えています。

 

頭の固い人

自分で辞めると申し出るのが常識だ!!

「みんなそうしている。」という多数派の作り上げた常識にとらわれる必要はないですよ。

 

重要
「非常識」と思われるのは、まだ世間に浸透していないだけ。

 

あなたに「仕事を辞めるスキル」がないのなら、胸を張って外注すべきです。

あなた

頼む!!
代わりに仕事辞めてきてくれ!!

 

生きるか死ぬかに関わる問題だから利用すればいい

会社やアルバイトをすると、「職場」という小さなコミュニティに属することになります。

 

会社という小さな枠組みの中で、値踏みされて他人に自分の価値をはかられる。

筆者

誰かの評価が、自分の全てだと錯覚してしまいがちです。

 

その末に「自分は価値のない人間だ。」とか「死にたい。」などの負の感情が湧きあがった場合は、自分で人生を決断することが不可能になってきます。

世の中にはそのせいで、取り返しのつかない決断をしてしまう人も多い。

 

重要
退職代行は、最悪の事態を防ぐ最終的なライフラインにもなり得る。

筆者

仕事を辞めるって凄く精神的な負荷が大きい。
心が疲れている時はなおさら難しいので、誰かにお願いしちゃおうよ。

 

会社という小さな世界の中での評価なんて、外に出てしまえば関係ないですよ。

 

逃げるが勝ち。

自分のために逃げる決断をするあなたを肯定したく、この記事を書いています。

 

誰かの助けを得ることは大切

誰かの助けを得ることは大切

僕は20代前半の頃、超絶ブラックなテレアポ会社に勤めていました。

職場では罵声が飛び交い、ノルマの達成が出来ない社員の机や椅子を蹴りまくる上司もいました。

 

筆者

その環境の中で自分も例に洩れず、精神を消耗する毎日でした。

 

「そんなとこ早く辞めればよかったじゃん。」と言われるかもしれませんが、以下の感情のせいで辞めれませんでした。

  • 収入が無くなると生活がキツくなる(給料は良かったため)
  • 辞めるとなると恐ろしい上司と話をつけなければならない
  • 一度始めたことを継続しない奴はダメだと思い込んでいた

20代前半、今とは真逆の考え方で生きていました。

筆者

現在、僕はフリーランス。
どこにも勤めずに生きています。

 

救ってくれたのは彼女の一言でした。

そんなテレアポ会社で消耗していたある日、彼女(今の奥さん)とコンビニに買い物に行きました。

僕は何故かその時、溜まりに溜まった気持ちが溢れて、泣き出してしまったんです。

 

筆者

普段は自分のツライ気持ちを吐き出せずにいたのですが、その時初めて彼女に話を聞いてもらいました。

話を聞いた彼女は、「辞めよう!辞めよう!! 今からバイト探しに行こう!!」と笑顔で受け入れてくれました。

 

買い物を終えた後に二人で最寄駅の商店街を歩き、とあるスーパーのバイト募集を見て「ここ雰囲気良いよ!!受けてみようよ!!」と言ってくれました。

 

結果、テレアポ会社を退職して、最寄駅のスーパーで時給1,300円まで上り詰めました。笑

 

  • 親身になってくれる存在があることで心が軽くなる
  • 次の仕事も一緒に考えてもらえて生活が困る心配がなくなった

僕には彼女という存在があったので、上記の考え方が生まれてスムーズに退職できました。

 

退職代行も「退職させて終わり」じゃない。

僕は彼女の助けや言葉を受けて、やっと行動ができるようになりました。
退職代行サービスを使った場合も同様です。

例えば退職代行「EXIT」という退職代行会社を使えば以下の考え方が生まれます。

  • 職場の人に会わずに退職できるので心が軽くなる。
  • 転職サポート付きなので、辞めた後の生活が困る心配が薄くなる

 

誰かの助けを得ることは大切

 

料金
・会社員 → 50,000円
・アルバイト → 30,000円

退職代行「EXIT」の提携する転職エージェントを利用しての転職をした場合は、退職代行費用のキャッシュバックもあります。

 

自分一人の力ではどうにもいかなくなった時は、誰かの助けを得ることがとても大切です。

 

退職代行「EXIT(イグジット)」に退職相談をする>>コチラをクリック!!<<

 

まとめ: 自分で辞めるのがベスト、でもシンドイなら退職代行を利用しよう

まとめ: 自分で辞めるのがベスト、でもシンドイなら退職代行を利用しよう

「退職代行サービスを利用するのは非常識なんかじゃない。」という話をしてきました。

 

とはいえ、ベストなのは「自分で退職を申し出る。」ことかなと考えています。

身内や友達の支えを受けることが出来るのであれば、自分で行動する方が気持ち良く退職できるのは確かです。

 

「自分で退職するための気持ち作り」に関した記事があるので、合わせて読んでみてほしいです。
⬇︎
【退職】あなたがバイトを辞めていい理由【心が軽くなる2つの考え方】

 

頼れる人がいない。
あるいは会社での評価に消耗しきってしまっているのなら、退職代行を利用しましょう。

退職代行EXIT(イグジット)で退職相談をする。←クリック!!

筆者

繰り返しになりますが、退職代行を利用するのは非常識なんかじゃありません。

手段は違えど、決断するのは自分自身です。
胸をはってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です