カメラ転売仕入れ商品を取りこぼした時がチャンス【失敗してもいい】

筆者

カメラ転売のネット仕入れで、狙っていた商品が買えなかった。
奪ったやつがニクい。悔しい。

上記の感情に支配されがちな人に、お伝えしたいことがあります。

 

筆者

どうも!!
当ブログ運営者のしょーいちです。

僕は現在、カメラ転売(せどり)に専業で取り組み月30万円を稼ぐフリーランスです。

当ブログでは主に「カメラ転売で稼ぐ方法」を発信しています。

 

僕のブログ記事を読んだり、僕の製作した「電子書籍」を利用してカメラ転売に取り組んでる方。

あるいは、我流で転売をしている方に質問です。

 

仕入れを取りこぼした時(失敗した時)、落ち込んだりイラだったりしていませんか?

転売のネット仕入れは、一般の方が不用品として安く出品した商品を買い上げるのが主な方法です。

 

自分と同じ商品を狙っている人がいた場合、その人とのスピード勝負になってきます。

こうなるともちろん、誰かに自分の狙っていた商品を買い上げられる場合も出てきます。

 

そうなった場合でも落ち込んだり、イラだったりする必要がないことをお伝えします。

 

筆者

落ち込んでても、無駄な時間を過ごすだけですよ。

 

仕入れを取りこぼした時は、チャンスが来る確率が高まります。

上記のテーマに沿って論理的に解説。

仕入れを成功させるためのコツなので、取りこぼした時にメンタルがブレる人は参考にしてください。

 

本記事の内容

  • 取りこぼした後がチャンスな理由
  • チャンスを掴むために取るべき行動
  • 仕入れを達成するために重要なのはメンタルの維持

筆者

失敗しても落ち込むな!!頑張れ!!
みたいな精神論だけの話じゃないんで、安心してください。笑

 

カメラ転売仕入れ商品を取りこぼした時がチャンス

転売のネット仕入れに失敗しても大丈夫です。

何故なら、「失敗後すぐに、同様の商品が新たに出品される可能性が高い」からです。

失敗は、仕入れのチャンスが訪れる予兆でもあります。

 

チャンスが訪れる流れは以下。

  1. 自分が仕入れたかった安いカメラを誰かに奪われる(取りこぼす)
  2. その商品を同時刻に見ていた一般の人が「このカメラ自分も持ってる!!」と出品
  3. 価格の参考は直近の売値なので、安く出品される

簡単に言うとこんな感じ、詳しく説明しますね。

 

①商品を取りこぼす

カメラ転売の仕入れをする際は、「このカメラを〇〇円で仕入れられれば、利益が出る。」とターゲットを決め込んで市場監視(メルカリなどを監視)するハズです。

筆者

そもそもターゲットを決めずに市場監視をしても無駄な時間を過ごすことになります。

ターゲットを決めてない方は、こちらの記事を読んでください。
⬇︎
カメラ転売商品を1つのメーカーに絞るべき理由【初心者は必見!!】

 

ターゲットとしている商品は「利益の出る商品」なので、もちろん同業者も狙っています。
以下のケースで取りこぼすこともたくさん。

  • 目を離したスキに出品されてすぐ売れていた。
  • すぐさま購入ボタンを押したけれど、一歩遅く誰かに取られた。
  • 値段交渉に成功して価格を下げてもらった途端、誰かに取られた。

このようなことは頻繁に起こります。

ここでイラついたり、慌てる時間もったいない。

平常心で「すぐに訪れる可能性のあるチャンス」に備えましょう。

 

②一般の人(素人)もその商品を見ている

安く売れたカメラを見た一般の人は、「このカメラ自分も持ってる!!〇〇円で売れるんだー。」と不要になったカメラを思い出します。

 

カメラ転売をする際は、型落ちの古いカメラを取り扱うことも多いです。

一般の人は「もう5年も前のカメラだから、めっちゃ安く(雀の涙くらい)でしか売れないんだろうな。」と思っています。

そんな人が自分の思っているよりも高く売れていることを目の当たりにすることで、出品を決意。

 

一般の人

死ぬほど安くしか売れないと思ってたけど、〇〇円で売れるんなら出品しとくか。

 

特に土日などの休日で暇してる人だと、速攻で出品します。

土日は転売の仕入れがしやすい理由は、ここにもありますね。

 

関連記事⬇︎
【副業】せどりの仕入れがしやすい曜日【休日を使いカメラ転売で月3万円を稼ごう。】

 

③一般の人が価格を決める際に参考にするのが、直近の売値

一般の方が出品をする際に、価格の設定で参考にするのが直近の売値です。

つまり、自分が取りこぼしてしまった商品の値段と同様の価格になる確率が高いです。

 

一般の人

すぐ売れてほしいしから、値段はあれと同じ〇〇円にしておこう。

 

重要
お買い得な商品が売れたあとは、立て続けに同じ商品がお買い得な値段で出品されます。

落ち込んだりイラついている時間があるなら、取りこぼした後も市場監視してくださいね。

チャンスが訪れる可能性が高いです。

仕入れのチャンスを掴むために取るべき行動

仕入れのチャンスを掴むために取るべき行動

仕入れを取りこぼした後、具体的にどんな行動を取ればいいかを解説します。

  • 取りこぼし後、1時間は意識的に市場監視
  • 購入する準備を整えておく

 

取りこぼし後、1時間は意識的に市場監視

僕の体感的にはお買い得商品が売れた後の1時間の間に、再度同様の商品が出品される可能性が高いです。

 

  • 時間がある人は検索ページを更新しつつ監視
  • 仕事中の人はなんとか合間を見て監視

 

僕はバイトをしながら転売に取り組んでいた頃、バイトの店長に「いい商品が出るかもしれないから、ちょっと合間にスマホ覗かせて!!」と懇願してました。笑

筆者

副業で取り組む際は、そんな環境づくりをすることも結構大事ですよ。
マジで。

 

購入する準備を整えておく

再度ターゲットとしていた商品が出てきた場合に備えて以下のことを準備しておきましょう。

 

  • 商品説明文を読む際の要点を認識
  • 購入方法に迷わないようにしておく

 

筆者

いざ、買いたい商品が出てきた時に慌てないようにすべし。

 

商品説明文を読む際の要点を認識

商品を見つけたら、説明文はちゃんと読みましょう。

ただこの時に全部をしっかり読んでたら、また同業者に取られますよ。

商品説明文を読むときの要点
⬇︎

  • 正常に動作するかどうか
  • 見た目の欠点はないか(モニター割れなど無いか)

ちゃんと動いて、決定的な破損などが無ければオッケーです。

 

商品説明文の中から、重要な情報をjm見分けられるようにしましょう。

 

筆者

商品説明文をぼーっと、全て読んでたらタイムアウトです。

 

購入方法を迷わないようにしておく

いざ購入するとなった時に、購入方法を迷わないようにしましょう。

僕は母親にもカメラ転売を教えているのですが、たまに無駄な迷い時間を設けています。笑

 

母親

コンビニ払いにしようかしら。でも手数料100円かかるし。。。
売上金があるけど、出金したいしなぁ。
はよ買え。

筆者

 

案外ここで迷う人は多いはず。

迷ってる間にまた同業者に奪われますよー。

まとめ: 仕入れを達成するために重要なのはメンタルの維持

仕入れを達成するために重要なのはメンタルの維持

まとめます。

仕入れを取りこぼした(失敗した)後にも、チャンスが来るということを解説してきました。

  1. 自分の買えなかった商品を、一般の人も目撃する
  2. 一般の人がその商品を持っていることに気づき出品
  3. 価格の参考は、直近の売値

上記の流れで、自分の買いたかった商品が再度出品される可能性が高いです。

 

取りこぼした後は1時間ほど意識的に市場監視しましょう。

 

取りこぼした後にもやるべき事があると分かると、落ち込んだりイライラしてる暇はないと思えます。

 

メンタルがブレた状態で取り組んでも、何ひとつ良い事はありません。

市場監視する気が失せてしまう危険性もあります。

 

「あぁー。仕入れられなかった〜。でもまぁ、またチャンスは来るっしょ。」

くらいの楽観的な感覚で取り組むのがベストですよ。

参考にしてください。

関連記事

・副業するならカメラ転売がオススメな件

・カメラ転売の始め方

・電子書籍「カメラ転売で月3万円稼ぐ方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です