仕事を辞めるかどうかの判断基準【やりたいことがやれてるか】

仕事を辞めたい人

今の仕事を辞めるべきか悩んでいる。
仕事を辞めるかどうかの判断基準ってどんな風に設定すればいいんだろう。

上記の悩みを持つ方におすすめの記事です。

 

結論 : 自分のやりたいことができないような仕事は辞めよう

 

筆者

筆者のしょーいちです。
自分に素直に。
わがままに生きてもいいんだぜって話をしていきます。

 

僕自身、自分のやりたいことができないモヤモヤに悩まされながらも
長年、嫌な仕事を続けてきてしまいました。

後悔した経験も含めて解説。

 

仕事を辞めるかどうかの判断基準

仕事を辞めるかどうかの判断基準

あなたの人生にとって一番大事な「やりたいこと」ってなんですか?

自分のやりたいことが妨げられる仕事は、辞めるべき。

 

筆者

もう。これだけっす。笑

 

だって、1度きりの命なのに
仕事ごときに「やりたいこと」を奪われたら悔しくないですか?

 

  • 忙しすぎて全然休みがもらえない。
  • 人間関係の悩みのせいで何も手につかない。

この二つのどちらかに当てはまるなら、絶対辞めて次の仕事を探すべきです。

 

忙しすぎて全然休みがもらえない

職場の人員不足は、会社の責任なのに
休みを取ろうとすると不機嫌になる上司とかっていますよね。

 

「そんなの関係ねぇ。」と突っぱねるメンタルのある人は問題ないですが
大抵の人は、しぶしぶ承諾してしまう。

 

あぁ。この休みで思いっきりゲームしようと思ってたのに。
そんなの理由になんないか。

いや、理由になるよ。

あなたにとって、ゲームすることが「人生におけるやりたいこと」ならば
それは立派な理由。

 

だけど、わかってなんかもらえないですよね。

わかってもらうために戦うのも時間の無駄なんで、辞めてオッケーでしょ。

 

聞き分け良すぎると損する

僕は人手が足りない週のシフトはフルで入っていたし、急な誰かの休みにも対応していました。

筆者

出来るやつだと思われたい。
使えねーと思われたくない。嫌われたくない。

 

当時はバイトをする傍らで音楽活動中。
そんな聞き分けの良さのせいで、練習したり制作したりする時間を削りまくってしまっていました。

 

しっかり自分の立てたスケジュールをこなすべきなのに
店長の機嫌を損ねて空気が悪くなるのを恐れて、言われるがまま。

しかもいくら頑張っても給料はさほど上がらない。

 

もったいない時間の使い方をした、数年間でした。

 

筆者

気持ち良く、自分の時間を作れる職場を探そう。
絶対あるから。

 

人間関係のせいで何も手につかない

職場での人間関係に悩まされると
家にいるときもそのことで頭がいっぱいになりませんか?

 

筆者

せっかくの自分の時間を、嫌な奴に占領されてることになる。

 

パチッとスイッチを切り替えられたらいいんですけどね。
僕は出来なかった。

ひどい時は泣いてました。笑

 

同じような人も少なくないハズです。

 

重要
人間関係を引きずったプライベートの生産性は最悪。

 

人間関係が最悪ならなおさら辞めよう

こないだね。

久しぶりに会う友達と食事に行ったんです。

 

そしたらね。

彼の箸を持つ右手がずっと震えていて。
止まらない。

 

職場でのパワハラのせいで、右手の神経がおかしくなったみたいです。

 

今は仕事を辞めて、休職中。

 

「これくらいは我慢しなきゃ。」を積み上げてしまった結果みたいです。

筆者

「なんかこの職場の人間関係合わね。」くらいの気持ちで、辞めていいっしょ。

 

仕事を辞める基準を明確化しておこう

仕事を辞める基準を明確化しておこう

仕事辞めたい人

仕事つまんないからダルいなー。辞めたいなー。

仕事辞めたい人

嫌な奴がいて、気持ちが落ち込んじゃうんだよなー。辞めたいなー。

これらも仕事を辞めるには十分すぎる理由ですが、やっぱり迷ってしまう。

 

そんな人は、辞めたい気持ちを明確化しておこう。
辞めるべきかどうかがちゃんと見えてきます。

 

筆者

仕事は人生における活動の大半を占めます。
サボってないで、ちゃんと考えてみよう。

 

どんな生活がしたいのかのビジョンを持つ

理由の明確化とは、「どんな生活がしたいのかのビジョン」のことです。

 

例えば「夜は必ず家族でご飯を食べたい。」というビジョンがあるなら
必ず達成するべきです。

 

自分の思い描いた生活ができることで、自己肯定にも繋がります。

 

筆者

「家族で晩ごはん」だけは譲れないなら、それを良しとしない職場からは離脱しよ。

 

あなたの「譲れない生活のビジョン」はなんですか?

それらを少しずつ実現していけば、人生は楽しくなる。

 

僕のビジョンは「自由」です

僕は現在どこにも勤めず、フリーランスとして生きています。

 

主な収入源はせどり(カメラ転売)で月30万ほど。

その他にブログや、ボイトレ講師などをしながら収益を得ています。

 

筆者

誰にも縛られずに、自由に生きたいー!!

という、自分の願い叶えるにはどうしたらいいかを考えて出した答えが

僕の場合はフリーランスになることでした。

 

  • 毎日の自由な時間を10時間確保
  • たくさん家族と過ごす
  • 気分を害する人とは付き合わない
  • 成果報酬型の収入形態
これらが僕の譲れない生活のビジョンです。

 

毎日のように「いつか自由に生きるんだ。」と強く願って副業開始。
2年後には、自分のやりたいように過ごせる未来がやってきました。

 

引き続き、「もっと自由になりてー!!」と願って副業でブログを継続していきます。

ひとまず「せどり」でうまく行ったんで、多分うまくいく。笑

 

重要
どんな生活をしたいのかを考えて行動すれば、それは実現する。

 

筆者

ぼーっとして過ごしたら、ぼーっとした未来しか来ないっす。
マジっす。

 

まとめ : 仕事を辞める基準は自分本位でいい

まとめ

総括すると、「仕事を辞める基準は自分で決めればいい」です。

 

誰かから見て、「そんな理由で仕事辞めるの?」って言われても関係ない。

 

あなたにとって「どんな生活がしたいのか」を明確にしておき
それにそぐわない環境の仕事はやらなくてオッケーです。

 

特に以下の状況なら、辞めるには十分な理由になります。

  • 忙しすぎて全然休みがもらえない。
  • 人間関係の悩みのせいで何も手につかない。

 

仕事を辞めるべきかを判断するのに、ぜひ参考にしてください。

関連記事

・会社を即日退職する方法

・あなたが仕事を辞めていい理由

・退職代行の利用は非常識!?

・嫌いな人との付き合い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です