転売で売れ残りを絶対に回避する5つの方法【赤字になんてならない】

転売したい人

副業で転売を始めようと思ってるんだけど、もし商品が売れ残ったりしたらどうしよう。
そう考えると怖くて始められない。

上記のお悩みを持つ方に
オススメの記事です!

 

筆者

どうも!筆者のしょーいちです!
転売歴5年の僕がその悩みを解消します!

 

早速ですが、
結論は以下の通りです。

転売は売れ残りを絶対に回避できます!

 

僕は転売を始めて5年、
取り扱っている商品は「カメラ」です。

筆者

カメラ転売で生計を立てている
フリーランスになります。

 

この5年間で、
売れ残ったカメラはひとつもありません。

 

カメラには賞味期限も無いし
長い間在庫してるからといって
壊れるものでもありません。

 

売れるまで待てば良いだけなんです。

 

とはいえ、闇雲な仕入れをしたり
闇雲な販売をしていると
いつまで待っても売れません。

間違った取り組み方をしてると
赤字になる可能性は大
です。

 

この記事を読んで
転売での正しい売れ残りの回避方法
知ってもらえると嬉しいです!

 

転売で売れ残りを回避する方法

転売で売れ残りを回避する方法

それでは転売での売れ残りを
回避する方法をお伝えします。

 

僕自身がカメラを取り扱ってきた
体験を元にお話ししますが、
どのジャンルを扱う場合にも共通することです。

 

売れ残りを回避する方法は
以下の通りです。

  • 売れやすい商品を取り扱う
  • 利益幅を大きく取る
  • 相場変動の少ない商品を扱う
  • 検品をしっかり行う
  • 通年で売れる商品を扱う

上記5点を抑えれば、
絶対に売れ残りを回避できます。

 

詳しく解説していきますね!

 

売れ残りを回避する方法①: 売れやすい商品を扱う

転売をする際は、
売れやすい商品を取り扱いましょう。

回転率の悪い商品ばかり扱っていると
在庫過多になり
資金が減るばかりです。

 

カメラであれば1〜2年の在庫は問題ないですが、
4年も5年もしてくると
やはり商品の価値は大きく下がってきます。

 

売れにくくて在庫している内に
気づけば価値が仕入れ費用以下になっていた。

長期在庫はそんな状況を招き
売れ残りに繋がります。

 

転売したい人

「売れやすい商品」ってどうやったらわかるの?

 

売れやすい商品の調べ方は簡単です。

売れやすい商品 = 同業者がたくさんいる

 

簡単にいうと、みんなが取り扱っている商品を
同じように取り扱おうということです。

 

中古市場に多く出回っている商品は
それだけニーズがあるということです。

 

「ライバルが多いから
自分はみんなが売ってないような
ニッチな商品を扱おう。」

そう考える方も多いですが、
初心者のうちはオススメしません!

 

ニッチな商品はそもそも
閲覧数が少ないです。

閲覧数が少ないということは
クリックされることもなく
売れることもない商品だということ。

 

「みんなが取り扱っている。」
という波に乗って稼いでいきましょう!

 

売れやすいカメラについて

僕は売れやすいカメラについてを
熟知しています。

以下の記事を
ぜひ読んでみてくださいね!

・転売で1万円の利益商品を実績公開【副収入を得る方法】

・カメラ転売で稼げる商品 OLYMPUS PL2【仕入れ&販売例】

 

筆者

この2つの記事だけでも、月1万円の副収入を得ることが可能です。

 

売れ残りを回避する方法②: 利益幅を大きく取る

売れ残りを回避するということは、
「最悪の場合でも仕入れ費用を回収する。」
ということです。

 

そのためには利益の幅を
大きく取る必要があります。

 

例えば
中古相場で20,000円で売れる商品
15,000円で仕入れるとします。

販売手数料や送料を引くと
利益は2,000円ほどになります。

 

とりあえず利益は出ます。

しかし万が一、相場の変動が起こり
少しでも価値が下がってしまうと
瞬く間に赤字になってしまいます。

 

重要
2,000円ほどの少額な利益幅だと
ちょっとした相場変動にも耐えられません。

 

中古相場で2万で売れる商品の仕入れは、
1万円以下に押さえましょう。

そうすれば5,000円以上の
利益幅が取れます。

 

相場変動があっても
急に5,000円以上の値崩れが起こることは
ほとんどありません。

 

売れ残りや赤字を防ぐために
必ず利益幅は大きく取るようにしましょう!

 

僕のカメラ転売手法での利益幅は5,000円以上です

転売したい人

利益が5,000円以上取れる商品って、見つけるの難しそう。。。

そうなんです。
難しいんです。

 

初心者のうちから
利益が5,000円以上取れる商品を
1から探すのは困難です。

 

 

僕は転売に取り組んできた5年間の間に
利益が5,000円以上取れる商品を
探し続けてきました。

その中でも以下の記事で紹介しているカメラが
めちゃくちゃオススメ。

・カメラ転売で仕入れるべき一眼レフカメラ

 

この記事の内容通りに仕入れをして
販売すれば
絶対に利益が出ます。

筆者

自信ある。
断言する。

 

売れ残りを回避する方法③: 相場変動の少ない商品を扱う

売れ残りを回避する方法③: 相場変動の少ない商品を扱う

プレミア商品
市場に流通しにくいレアな商品
価格が高騰して大きく利益を上げられます。

しかし調子に乗って大量に仕入れてしまうと
価格が暴落した際に
売れ残り赤字になってしまう可能性があります。

 

筆者

僕はこういったものに手は出しません。

 

最近だと「マスク」が良い例です。

一時は中古市場でマスク1パックが
2万円とかになってましたよね。

転売屋が大量に買い占めていましたが、
規制があったり流通が追いついたりして
定価まで価値が暴落。

 

大量の在庫は
赤字になる形になりました。

 

世の中の流れを読みつつ、
取り扱う商品を選定することは大事です。

しかし大きな値動きが予測される商品には
手を出さないことが賢明。

筆者

潤沢な資金があれば勝負してみるのもアリですが、
初心者のうちから夢見ないほうがいいっす。

 

売れ残りを回避する方法④: 検品をしっかり行う

売れ残り商品を
発生させてしまう原因として多いのが
不良品を掴まされてしまうことです。

 

必ず商品の状態確認
電化製品などの場合は
動作確認を怠らないようにしましょう。

 

筆者

不良品は価値がないですからね。

 

不良品を掴まないために
大事なことは以下の通りです。

  • 返品可能な商品を仕入れる
  • 検品が終わるまで取引を完了しない

フリマアプリなどで仕入れる際は
検品が終わるまでは
受取評価をしないようにしてくださいね。

 

売れ残りを回避する方法⑤: 通年で売れる商品を扱う

転売で売れ残りを回避したいなら
1年を通して売れる商品を取り扱いましょう。

 

季節モノの商品は特に注意。
シーズンが過ぎると
パッタリと売れ行きが止まってしまいます。

次のシーズンで売れればいいと
思うかも知れませんが、
1年後に何が流行っているかは不明です。

 

筆者

1年中扱える商品なら、相場の変動を認識しながら取り組めます。

 

カメラは年中シーズンです

通年で取り扱える商品としても
カメラは非常にオススメです。

 

  • 春 : 入学式
  • 夏 : レジャー
  • 秋 : 運動会
  • 冬 : クリスマス

各季節ごとにイベントがあり
その都度カメラを欲しいと思う人が
多くなります。

 

スマホが普及したとしても、
良い写真を撮りたいと思った時に
カメラを使いたいと思う人はまだまだ沢山います。

 

カメラ転売は売れ残りを回避するのに
ぴったりのジャンルと言えます。

 

まとめ: 転売で売れ残りを回避したいならカメラ転売がおすすめ!

まとめ: 転売で売れ残りを回避したいならカメラ転売がおすすめ!

転売で売れ残りを回避するための方法は以下。

  • 売れやすい商品を取り扱う
  • 利益幅を大きく取る
  • 相場変動の少ない商品を扱う
  • 検品をしっかり行う
  • 通年で売れる商品を扱う

これらを押さえることで、
あなたが売れ残りや赤字を被ることは
あり得ません。

 

正しいやり方を踏んで
確実に転売で稼いでくださいね!

関連記事

・電子書籍「カメラ転売で月30万円を稼ぐ方法」

・副業せどりの難易度を解説

・カメラ転売でレンズをタダで仕入れる方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です