カメラ転売は「片手間」で稼げる副業【その本質を語ります】

こんにちは、しょういちです!
今日も愛する「カメラ転売」のことを語っていこうかと思います。

僕はカメラ転売で生計を立てているのですが、労働で給料を得るよりも遥かに楽をしつつ、お金を稼いでいます。

もうここで怪しいと思う方は、ページを閉じても大丈夫。笑

ただ、先入観で情報を拒否をしてしまうのも勿体無い気はしています。

重要
副業を始める人がこれからどんどん増えていくでしょう。
あと2〜3年後には、副業で転売(せどり)をやる事がスタンダードになる可能性も大いにあります。

「こんな考え方もあるんだ。」と知っておくだけでも無駄にはならないので、良かったら最後まで読んでもらえればと思います。

カメラ転売は「片手間」で稼げる副業


副業や、サイドビジネスの広告などでよく見る謳い文句。

「片手間で稼げる!」

これ、僕はあながち間違って無いと思っています。


僕は現在、カメラ転売でアベレージ月30万〜40万円を稼いでいます。
月の実働時間は60時間くらいなので、時給は5千円くらい。
アルバイトをしたりの「労働収入」だと、絶対に到達できない数字です。

メルカリの評価数は「2000」超え。

評価数とは、取引をした回数の事です。

カメラ転売を始めて4年間、合計2000回以上の売買を繰り返してきたという事です。
楽天の運営するフリマアプリ「ラクマ」の評価数も合わせると、合計2500ほどです。

これだけの実績があるので、カメラ転売を続ける意味があるという事の信頼性が担保できているかと思います。





在庫はこんな感じで保管しています。⬇︎

画像2


カメラは場所を取らないので、たとえ在庫数が増えても置き場所に困りません。

ちなみに月30万円ほどを稼いでいる場合の在庫数はカメラが40台ほどです。
この在庫数をキープしつつ、販売と仕入れで回していく感じです。

重要
他の電化製品は場所を取るものも多いので、在庫数が多くなると倉庫を借りたりする転売屋の方も多いです。
こういった点で見ても、カメラは転売に向いている商品です。



今年でカメラ転売歴4年目。
日々の自由な時間は日々12時間以上


お金は「片手間」で稼いで、自由に使える時間を未来に向けての勉強や行動に使っています。


この記事では、僕が今までどうカメラ転売に取り組んで来たかを踏まえた上での「片手間で稼ぐ。」という言葉の本質を語っていきます。

始めは忍耐が必要

スミマセン。いきなり話の腰を折ります。
転売は片手間で稼げる。」と言いましたが、始めた頃はかなりしんどかったです。

その原因は「慣れてないから。」です。

始めのうちはメルカリの使い方も分からないし、ヤフオクの落札の仕方も分からない。

商品を仕入れするにしても、何を仕入れればいいかわからないし、とにかく手元にあるお金もギリギリ。

慣れないことをするのは凄く面倒だし、ツライです。
しかし忍耐力を持って、行動すれば必ず慣れていきます。

バイトをするにしても新人の頃は何をすればいいかわからず、肉体的にも精神的にもしんどい。
しかし、半年もすれば要領も良くなり、先読みした行動ができるので簡単な作業は片手間になってくる。
1年経てば、すべての仕事が片手間。

バイトの場合は上記の流れで、仕事内容を片手間化していけます。
生きる術がこれしかないので、必然的に継続せざるおえないので、スキルも勝手に上がります。


重要
副業の場合は「途中で辞めても別に構わない」状態なので、バイトで言う新人の状態(始めたすぐ)の時にしんどくて辞めてしまう人がほとんどです。


僕の場合は「ここで辞めたらお終い。」という気持ちを持って、仕入れでお金が一時的に減ってしまう恐怖や、しんどさを乗り越えてきました。

仕入れた商品の代金をコンビニで払う瞬間は、いつもドキドキしてました。
なけなしのお金だからです。
「やるしかない。やらなきゃ何も変えられない!」と気迫を伴わせてレジに向かっていた昔が、懐かしいです。笑


商品の仕入れが難しい


転売を始めて、一番最初にぶち当たる壁が「商品の仕入れ」です。

実際、ネットを開けば利益が取れるような安い商品が、ゴロゴロと落ちてるわけじゃありません。

メルカリやラクマ、ヤフオクなどを監視して相場感覚の無い素人が「とりあえずこの値段で売れたらいいや〜。」的な安い値段で出品したカメラを同業者の誰よりも早く買い上げる。
これが、僕流の基本的な仕入れ方法です。


ただ、一日中市場を監視する必要はありません。
一日中スマホのモニターに張り付いているなんて絶対無理です。

スキマ時間を有効活用しましょう。

移動中や食事中、仕事の休憩時間を仕入れのための時間に裂けばいいんです。

いい商品と出会えるかどうかは、「運」が非常に強く作用します。

「なんだよ、運かよ。」
と思われる人もいるかもしれません。

でも「運」とはすなわち「確率」です。
確率を上げる事は可能なんです。

その方法は単純。
生産性の無い行動を排除していきましょう。

隙間時間は仕入れの監視に全投下

○電車移動中はスマホでメルカリ開く。
○昼飯食べながらメルカリ開く。
○トイレで腰掛けたらメルカリ開く。
○家に帰ってメルカリ開く。
○寝る前のネットサーフィン、メルカリ開く。

めちゃくちゃ面倒くさそうですよね。
でも続けているうちに習慣化していきます。

こうなると強い。 
仕事してる意識が無くなります。

大体の人のスキマ時間を合計すると、1日2時間くらいはスマホで生産性の無い、無駄な行動を取っています。

その2時間を毎日利用すれば、月に60時間の監視時間が作れます。

その中で月5個程、ターゲットにするカメラを仕入れれば、月3万〜5万円の副収入を得ることが可能です。

カメラでの利益は高単価です。毎日仕入れる必要はありません。
焦らずに始めのうちは、週に1〜2個を仕入れることを目標にしてみましょう。

【副業】カメラ転売で月30万円を稼ぐ方法【完全ロードマップ】

繰り返す事の重要性


僕はアルバイトで日々12時間労働しながら、副業としてカメラ転売を始めました。

一日も休まず、隙間時間はメルカリやラクマ、ヤフオクやカメラのキタムラネットショップを片っ端から監視しまくりました。(今は仕入れの9割がメルカリ)

とにかくスマホで動画見たり、SNSを楽しんだり、ゲームしたりをとことん排除。
アプリも全削除です。

日々の空き時間を転売の仕入れに費やして費やして費やしまくっていると、半年もすればブレイクスルーが訪れます。


手際良くなり、圧倒的に「勘」が付くんです。

○何時くらいに仕入れターゲット商品が出品されやすいか
○値段交渉の駆け引きはどんな距離感でやれば良いか
○同業者はどんな動き方で仕入れをしているのかをイメージできる



飲食店のバイトでも同じような事が言えます。

○何時くらいが混みやすいか。
○あとどのくらいで食事が終わって退店するか。
○常連のお客さんは何を注文するのか。

新人はこんな事分かるわけないですよね。
でもこれが感覚的にわかってくると、仕事の効率は破壊的に上がります。

転売も続けていけばどんどん楽になっていきます。
半年も続ければ、月10万円ほどは稼げるようになるでしょう。


実績を積めば「確信」になる


毎月10万円程の収入を達成出来るようになる時には
「この商品はどれくらいの期間で、いくらで売れていく。」
といったデータがかなりの量、蓄積されます。


すなわち、「この商品は絶対に利益になる。」という確信が生まれます。


実績量に伴う確証があるので、数をたくさん仕入れても恐怖がありません。

重要
「売れなかったらどうしよう。」という恐怖感が無くなれば、どんどん仕入れをしていけます。

転売で得る利益を、次の仕入れに投資。
利益はどんどん加速して増えて行くので、仕入れもしやすくなります。

この辺りで月10万円〜15万。余剰金も増えてくるのでバイトの時間を削ったり辞めたりが可能になります。


そして「環境」を変える


転売である程度稼げるようになったら、もっと「良い商品と出会える確率」を上げるべきです。

監視時間を増やしましょう。


稼げたからって、現状を維持してちゃダメです。バイトに使っていた時間を転売のために少しずつ投資。

僕は週6でシフトに入っていたのを週4にしました。
ある程度稼げるようになったら「環境」を変えていきましょう。

それが、次へ進むための唯一の手段です。

環境を変えていく重要性に関してはこちらの記事で詳しく解説しています。⬇︎
環境を変えたら成長できた件【今の仕事が辛いなら】

収益を転売一本に絞る


僕はコンスタントに月10万円以上を稼げるようになった後、転売一本で稼ぐ事にしました。
転売を始めて3年目に突入した頃です。

そうすると市場を監視出来る時間がかなり増えるので、自然と良い仕入れが多く出来るようになります。

重要
この時点で市場監視が、朝起きて歯を磨く事くらいに「習慣」になってます。
一切の苦痛がありません。

この状態になれれば、アベレージ30万〜40万円が現実的になります。

「片手間で稼ぐ」という事の本質

片手間で稼ぐ」とは
普通に労働しながら生きている誰かから見て「難しい」、「面倒くさい」、「恐怖」だと思う行動を「習慣」に出来た人が得られる感覚のことです。

毎月最低でも30万円の収益を得ようと行動する僕にとって、転売で10万円くらいを稼ぐ事は正直、超楽勝です。

自分の平均値を上げた結果です。



すぐに出来るわけないですけど、2年あれば人生変わります。

バイトしないで生きれるってだけで、普通にやばい。

明日は何をして過ごそうか。
そう考えながら生きることのできる日々が、待っています。

重要
「始めていきなり片手間で稼げる。」は絶対違います。
でも続けていけば、確実に片手間で稼げるようになれます。

どうか、日々の積み重ねを意義のあるものにしてみてください。
「面倒」を「習慣」に変えていきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です